コアトレーニングとは、腹筋や横腹、背筋など体幹の筋肉を鍛えるエクササイズのこと。外側の筋肉だけでなく、鍛えるのが難しいインナーマッスルにも刺激を与えられる、効率の良い鍛え方です。

スポーツのパフォーマンスを上げるため、多くのプロアスリートがトレーニングの一環として取り入れていますが、最近では一般の人からも人気。

バランスボールやダンベルなどのトレーニンググッズを使わず、誰でも自宅で簡単に取り組めるので、特に筋トレ初心者の方や忙しくてジムに通えない人におすすめです。

代表的なコアトレーニングメニュー

コアトレーニングには様々な種類があって、一体どれから取り組めば良いかと迷ってしまいますよね。

ここからは、なかでもおすすめのコアトレーニングメニューをご紹介します。

自宅でできる効果的な筋トレ方法を多数ピックアップしたので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

プランク

『プランク(フロントブリッジ)』は、誰しも一度は目にしたことのある、人気のトレーニングメニューの一つ。

腹直筋と腹横筋を同時に鍛えることで、基礎代謝がアップしたり、スポーツパフォーマンスを向上させたりする効果が期待できます。

初めはキツいと感じる人も多く、セット数をこなせないこともありますが、筋力がつけば徐々にできるようになるので、ぜひ毎日取り組んでみてください。

出典:YouTube

フロントクランチ

『フロントクランチ』は、寝た姿勢から上半身を起こし、腹筋を鍛えるトレーニング。

一般的な腹筋運動と似ていますが、ゆっくり行うことで、腹直筋の上部とインナーマッスルをより効果的に刺激できます。

反対に反動をつけてしまうと、筋トレ効果が薄くなってしまいます。ゆったりとしたスピードで取り組み、腹筋が鍛えられているのを感じながら取り組みましょう。

出典:YouTube

レッグツイスト

脚の重みを利用することで、腹斜筋と腹直筋を同時に鍛えられる『レッグツイスト』。

寝たままの姿勢で取り組めるので、起床時や寝る前のエクササイズとしておすすめです。

比較的負荷が大きく効率の良い筋トレですが、一方で腰に負担をかけてしまうリスクも。腰痛持ちの人は無理せず、強度を加減しながら取り組んでくださいね。

出典:YouTube

まとめ

コアトレーニングなら、そんな悩みにいっぺんにアプローチできます。お金や時間をかけることなく、自宅で気軽に取り組めるので、思い立った時にすぐに始められますよ。

ぜひコアトレーニングを習慣にして、美しく、かつ健康的なボディを手に入れてみましょう。

関連するまとめ

ゆっくり行うスロートレーニング

スロートレーニングとは、筋肉の発揮張力を保ちつつゆっくりと動く運動のことです。

働き方改革の影響!?コンパクト型24時間営業スポーツジムの出店が加速中!

2018年7月1日より、既存のメガロス7店舗「吉祥寺・中延・町田・市ヶ尾・神奈川・柏・草加」(※草加のみ8月…

家で簡単トレーニング【マウンテンクライマー編】

マウンテンクライマーは有酸素運動の要素を持ったトレーニング。有酸素運動では体脂肪を分解してエネルギー源にする…

関連するキーワード