足関節捻挫

足関節は外反より内反方向に可動性が高い関節であり、滑ったり、足の上に乗ったりすると、急激な内反が矯正され外側にある前距腓靭帯などが伸びたり断裂します。多くが外側の靭帯が損傷する内反捻挫です。
バレーボールやバスケットボール競技で特に多く発生し、ジャンプの着地時に人の足の上に乗り、足関節の内反が強制されて起こる場合が最も重症です。床で滑って足をひねった場合(自損例)は中等症の損傷が多く、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどにみられる接触プレーをはじめ、野球のスライディング、体操競技、テニスに多く発生します。ときに、外反が強制された内側の損傷例もあります。

腰痛、ヘルニア、ぎっくり腰

ブッロクやスパイクなどでジャンプを反復し、レシーブでは中腰姿勢を維持しながら瞬発的にボールに飛びついたりするので、腰の負担にかかりやすいスポーツの一つです。
よく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの症状には、急性型と慢性型があります。急性型は、重たい荷物を急に持ち上げたときや、くしゃみをしたときに起こるものです。痛みが激しく歩くこともできなくなる場合もありますが、次第に症状は軽くなります。しかし、そのまま放っておくと、さらに椎間板から髄核が押し出されて、神経を圧迫してしまうため、慢性的な痛みへと移行します。どちらのタイプも腰の痛みのほかに、左右どちらかの太ももから膝、足にかけて激しい痛みが起こる坐骨神経症を伴うケースが多いようです。

ジャンパー膝

バレーボール選手のようにジャンプを多用するスポーツに良く見られる膝の怪我です。選手の痛みを訴える部分がたいてい膝蓋靭帯部であるため、原因になるのは膝蓋靭帯炎といわれます。
初期症状としては、運動後の痛みが生じる程度ですが、放っておくと膝の周囲にまで痛みが広がり、歩くことにも支障がでてきます。
特に競技レベルが上がってくる中学~高校にかけて発症リスクが高くなる傾向があると言われています。

関連するまとめ

血圧が気になる方には有酸素運動がおすすめ!?

血圧が気になる。血圧が高い。そんな方には有酸素運動がおすすめです!

オリンピック競技テコンドーの面白さを紹介

オリンピック競技のテコンドー。その魅力に迫ります。

ティファニーが手がけた「名古屋ウィメンズマラソン2019」完走者用ペンダントや入賞者…

ティファニー・アンド・カンパニーは、3月10日(日)に開催された「名古屋ウィメンズマラソン2019」の完走者…