運動をして疲れをとる

立ち仕事やデスクワークのような静的な作業を毎日長時間行っている場合、姿勢をキープするため、筋肉は同じ部分だけが継続的に使われています。その結果、一部の筋肉に慢性的な疲労が溜まり、肩こりや腰痛、だるさなど、さまざまな不調の原因となる「硬化」を引き起こしやすくなります。その結果、筋肉が硬化して血の巡りも停滞しやすくなり、体に老廃物が蓄積するようになってしまいます。適度に体を動かして筋肉をほぐし、全身の血の巡りを良くして、酸素や栄養が体全体に行き届くようにする必要があります。

アクティブレストとは

アクティブレスト(積極的休養)は、もともとスポーツ選手の疲労を抜くために用いられた方法です。運動後に軽く体を動かすクールダウンもアクティブレストのひとつです。疲労の蓄積予防だけでなく、新陳代謝を促進して体をリフレッシュさせることで、次の練習や試合に備えられるというメリットもあります。また、心身に負担の少ないひとつのことに集中することで、リラックス効果も期待できます。

効果

①代謝アップ
アクティブレストを習慣化すれば、継続的に軽い運動ができるようになります。その結果、代謝の向上も期待できるでしょう。軽めの運動でも、何もせずにいるよりも確実にカロリーは消費され、運動不足解消には十分効果があります。アクティブレストは、1日10分程度の軽い運動で実践できるため、忙しい人や運動が苦手な人でも取り組みやすいというメリットがあります。

②ストレス改善
「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」が不足すると自律神経のバランスも乱れやすくなり、ストレスを感じたり不眠などの不調に陥ったりしやすくなります。
アクティブレストのような軽度の運動は、この不足したセロトニンを分泌させる効果もあります。自律神経のバランスが整い、イライラやストレスを解消する効果も期待できると言われています。

③血流改善による疲労物質の排出
体全体に酸素と筋肉が行き届きやすくなる上、疲労物質もきちんと排出されるようになるため、筋肉痛をスムーズに解消したり、硬化した筋肉を効率的にケアしたりすることができるようになります。
筋肉を刺激するアクティブレストでは、この大静脈の血流も改善できるため、老廃物の体内への蓄積を防ぐことができるのです。

関連するまとめ

さむ〜いこの時期こそ、実は脂肪燃焼の大チャンス

冬は太りやすい。 いいえ。実はダイエットしやすい季節なんです。

妊婦さんが摂るべき葉酸って何で良いの?

最近私の周りは結婚ラッシュ、出産ラッシュで慌ただしく生活が変わる人が多いです。 その中で妊婦は葉酸を取ると良…

感動をありがと!リオオリンピックの名場面。

南米初のオリンピック。 日本は熱戦を繰り広げてメダル数史上最多の41個獲得。 オリンピックではたくさんの感動…