バレーボールとは

バレーボールは、ネットによって分けられた18メートル×9メートルのコートで、2つのチームがネット越しにボールを打ち合う球技。ボールを落とさずに、3回以内のタッチで相手コートに返球する。相手チームのサーブをレシーブし、トスを上げ、スパイクを打ちこむのが基本的な流れで、攻撃と防御を交互に行うことになる。個人の高い技能はもちろん、戦術を理解し共有する固いチームワークや協調性が求められる。

どちらかのチームがコート内に落球したり、大きくはじいてアウトになったり、また反則によってボールを繋げなくなるまで、ボールを打ち合うラリーが続く。スパイカーのダイナミックなプレーや、諦めずにボールを追う姿から目が離せない。

バレーボールから派生したビーチバレーボールは、砂の上に設けられたコートで、2人1組のチームが対戦する。バレーボールは東京1964大会から、ビーチバレーボールはアトランタ1996大会から、男女ともオリンピックの正式種目となった。

ルールとは

バレーボールは、まず試合前に両チームの代表がトスを行い、トスに勝ったチームは、試合のスタート時にコートの外から相手コートに向かって打つ「サーブ(サービス)」を打つ権利(サーブ権)、またはコートを指定する権利を選択します。

試合は、最初のサーブ権を得たチームによるサーブではじまります。ボールがコートに落ちるか、ボールがアウトになるか、正しく返球できなくなるか、いずれかのチームが反則を犯すかペナルティーを受けるまで、ラリーは続けられます。

サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合は、1得点とサーブ権を得て、そのチームの競技者は時計回りに一つずつポジションを移動する「ローテーション」を行います(※)。サーブ権を持つチームがラリーを制した場合、得点は入りますがローテーションは行わず、同じサーバーがサービスを行います。

バレーボールの種別によって、1チームの人数や1セットの得点が異なります。

※ローテーションはバレーボール6人制競技とソフトバレーで採用されています。ただし、小学生バレーボール(6人制競技)は、フリーポジション制を採用している場合、ローテーションをしなくても構いません。

出来るなら観戦がおススメ

初めて観戦した方がまず驚くのは、選手が打つスパイクや、サーブのスピードや音です。特に男子選手が打つクイックは目で追えない程の速さ、またボールが床に叩きつけられる音は迫力満点です!時にはボールが潰れてしまうのではないかと心配になるほどのパワースパイクが打ち込まれるのを目にするでしょう。 アリーナ席で観戦していると、ボールが自分の座席まで飛んでくることもよくあります。選手が打ったボールが間近に飛んでくるとドキドキしますよ。

また、サッカーや野球のような大きなグラウンドで行う競技では叶わない、至近距離での観戦が実現するのがバレーボール観戦の大きな魅力の一つです。選手達の掛け声が響き、座席がコートの近くであれば「次一本!」といった試合中のコミュニケーションまでリアルに聞こえてきます。時には選手と目が合ってしまうことも。競った場面でスパイクが決まり、選手のあげた雄叫びを耳にしたら興奮も最高潮に!選手の声が聞こえるということは、客席で応援するあなたの声も選手の耳に届きます!これだけ近くで試合を観戦できるのはバレーボールならでは!一度コート近くの臨場感溢れる席で、試合をご観戦いただくことをオススメします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鍋料理に欠かせない!美味しい白菜はカリウムが豊富!

白菜は比較的淡白な味わいですが、柔らかく煮るととろけるような甘みがとっても美味しいですよね。 他の野菜との相…

夜でもキレイになれる!夜活の良いところとは?

どうにかこうにか朝活頑張ろうとしても早起きが苦手な方も多いはず。 朝に中々時間が取れない方でも夜なら。 そん…

1003

体幹トレーニングをしよう

体幹トレーニングで引き締まった体をゲットしよう!

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。