フラッグハントとは

サバイバルゲームに代表される、シューティングスポーツは、200万人以上の競技人口を記録し、世界に類を見ない、日本固有の遊び・エンタメ・アーバンスポーツとしての経済圏になっていますがフラッグハントとは、2チームに分かれ、対戦チームのプレイヤーを競技用銃で射撃しヒットさせ、相手陣地にあるフラッグを奪取することを目的とする戦略スポーツです。

競技フィールド

①ゲームが行われる範囲として、4 辺がメートル単位で構成された方形が設定されていること。

②各辺 1 メートルの立方体で構成された障害物が、競技フィールド内部を 1 メートルの間隔で方眼状に区分した升目の内部に配置されていること。

③開始時に競技者が所在すべき場所、競技者がヒットされた後に待機すべき場所、フラッグが配置されるべき場所が指定されていること。

④競技者の安全が考慮されていること。

上記は競技規則になっていますが、その他にも
フィールドにおいて一定の範囲を指定し、その範囲への競技者の進入の有無につき判定を要する場合には、競技者の身体又は装備品が当該範囲に接触しているかどうかを基準に判定します。境界線に太さがあり、境界線上に競技者の身体又は装備品が収まっている場合には、範囲に進入していないものと扱います。

どのようなスポーツ

障害物を点対称に配置したフィールドで、相手チームのプレイヤーを光線銃で射撃し排除しながら、相手陣地のフラッグ奪取を目指します。戦局を俯瞰し、緻密な戦略を描ききった者が、 勝利に近づける頭脳戦でもある為、作戦会議を競技前に行っています。
原則として同人数の2チームで行います。試合中のプレイヤー交代はできません。プレー時間については1ゲームは5分を基本に行われます。ゲームの開始・終了は審判の合図で行います。ヒットされると退場になりますが、競技用銃のシューティングが「ヒット」すると、ヒットされたプレイヤーのヘッドセットが赤く光って反応します。
ヒットされたプレイヤーは、そのゲームから退場(アウト)します。「ヒット」と大きな声で宣告した上で、両手を上げてフィールドから速やかに退場しなければなりません。
サバゲ―ですとBB弾がいたかったり、危なかったしますが、このスポーツは老若男女問わず家族で参加できるため、調べていて非常に面白いスポーツだと感じました。


関連するまとめ

10連休は <子どもと一緒にアウトドア体験>を!親子のそとあそびに特化した「そとあそ…

株式会社そとあそびは、親子専門のアウトドアレジャー予約サイト「SOTOASOBI KIDS(そとあそびキッズ…

運動の楽しさ○倍?!おすすめアプリの紹介

ランニングが趣味、あるいは最近走り始めた人に… ジムに通う時間がない、手軽に自宅でトレーニングしたい方に… …

外を歩く事で健康に!?その驚くべき事実は?!

スポーツに仕事で行きますが、ランニングマシーンで歩いている人をよく見かけます。 私なら飽きそうだなと思い、外…