はじめに

みなさんはグラススキーというスポーツを知っていますか。
あまり聞いたことない方も多いのではないのでしょうか。
スキー?のしゅるいなのでしょうか。
今回はそんなグラススキーを少しですが紹介したいと思います。

グラススキー

グラススキーとは、文字通り草の斜面を滑るスキーで、基本動作はスノースキーと同じである。
その歴史は、1960年代にドイツで発祥した。ドイツ人のヨーゼフ・カイゼルによって発明され、ヨーロッパを中心に普及した。これは、グラススキーはスノースキーの夏場のトレーニング用競技であるため、アルペン種目が盛んな地域で発展した。70年代になると、ヨーロッパを飛び出しアメリカへ。独立した競技として行われるようになり、世界規模でも人気のスポーツへと進化をした。1979年には第1回目の世界選手権大会が行われ、以降ワールドカップなど大規模な国際大会も継続して開催されている。

日本でのグラススキーの歴史をみると、1980年代に紹介され、1985年に日本グラススキー協会が設立された。スキー場の夏の有効利用として、あるいは雪の少ない地域用として各地でグラススキーが実施されるようになった。

徐々に国内でも認知されるようになり、1987年には第5回世界選手権大会(13ヶ国1地域参加)を長野県野辺山スキー場で開催した。以降、日本グラススキー協会中心に、特に体験会を開催することで普及活動に努めた。生涯スポーツとして国民の健康生活への寄与はもちろんのこと、国内でも多くの大会を実施し競技力も向上。世界レベルの選手も登場してきた。現在は、日本国内唯一のグラススキー統括団体として、全日本グラススキー連盟が選手の強化と普及のための事業を行っている。

出典:YouTube

概要

グラススキーは草の斜面を滑走し、その動作はスノースキーと同じと言える。キャタピラ状の専用用具を使用し滑る。そのため、キャタピラで草の上を滑る特性上、横滑りせず、また急停止ができないため、回転時はしっかりとした外側荷重とスムーズな荷重移動が大切である。

スキー界で著名な選手やオリンピックのメダリストも、このグラススキー愛好者である。スキー自体が短いのでバランスが磨けるなど、スノースキー上達のためにも役立つ。一方で、スピードレースとしても楽しむなど、グラススキーそのものの魅力でも楽しむことができる。

ルール

スーパー大回転、大回転、回転、スーパーコンビと全4種目があり、設定された旗門(コース)をクリアし、ゴールタイムを競う。スピードへの対応を要求されるスーパー大回転から、細かな旗門設定の回転競技までその魅力は無限大である。

種目ごとにコース全長、斜度、旗門間の長さ、使用用具などに関する規定が設けられている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

メジャーどころからマイナーなものまで。2月29日は◯◯の日

2020年2月 なんとな〜く縁起良さそうな数字が羅列している今月。 そんな月の2月29日にある◯◯の日を紹介…

人気の海水浴場!海水浴を楽しむためにも水分補給!

夏のレジャーを楽しんでいると、ついつい忘れがちな水分補給。しっかり摂らないとツマラナイ夏になりますよ。

ファウストボールとはどんな競技

ファウストボールは、ドイツ発祥のスポーツで ファウストとは、ドイツ語で「拳」を意味します。 ドイツ語で「Fa…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。