よく耳にするようになった「ドグソ」ってなに?

最近、サッカーで「ドグソ」という言葉を耳にすることがあると思いますが、ご存じですか?「DOGSO」は「denying an goal-scoring opportunity」を略した言葉で、「決定的な得点の機会の阻止」という意味になります。

1980年代、得点を妨げる目的で意図的にファウルする、いわゆるプロフェッショナル・ファウルと呼ばれるプレーが目立つようになります。サッカーは時間内に何点得点したかを競う競技ですから、これではサッカーの面白さが減退してしまいます。そこで、1990年のイタリアワールドカップから、競技規則に明記され始めたものが、2007年から「決定的な得点の機会の阻止」という項目が独立し、現在はそれを略した「DOGSO」という言葉で広まるようになりました。

「DOGSO」の適用条件

DOGSOは「決定的な得点の機会」という状況で起こると説明しましたが、現在の競技規則ではDOGSOが適用される条件が決まっています。

①全体的なプレーの方向:プレー全体が相手ゴールに向かっているかどうか

ゴールキーパーを抜こうとしてタッチラインの方向にドリブルしてもプレー全体がゴール方向と判断すれば適用されます。

②反則とゴールとの距離:反則が起こった場所からゴールまでの距離、すなわち、反則が起きた場所から得点を狙うことができる距離かどうか

ハーフウェーライン付近でファウルされた場合でも、独走して相手ゴールキーパーと1対1となる距離と判断すれば適用されます。

③守備側競技者の位置と数:ファウルした選手以外の守備側の選手がカバーできる位置にいるのか、追いつけるのかどうか

そのファウルがなかった場合でも、他の守備側の選手がカバーできる位置にいなかったり、追いつける動きをしていないと判断すれば適用されます。

④ボールをキープできる、またはコントロール出来る可能性:ファウルされた選手がボールに触れた後、あるいは触れる時に、明らかにシュート、ドリブルができるかどうか

攻撃側の選手がボールをトラップしてシュートしようとしているときに、ファウルされたことで体勢が崩れてシュートできなかったと判断すれば適用されます。一方、まだボールが空中高くにあったり、ボールの勢いが速くて追いつけそうにない時などは適用されません。

①~④の全てが満たされると「決定的な得点の機会」と考えられ、この状況で守備側の選手が反則となるプレーを行うと、DOGSOとなります。①~④のどれか一つでも判断に迷うような場合は、決定的な得点の機会とは言えません。

例えば、ファウルした選手以外にも守備側の選手がカバーできる位置にいれば、③が満たされないことになりDOGSOは適用されません。その場合はSPAが適用されます。

DOGSOが「決定的な得点の機会」を阻止するファウルに対して適用されるものであるのに対し、「相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、阻止する」反則をした場合は、「stop a promising attack」、「SPA(スパ)」と判断されます。DOGSOの適用条件①~④の内、どれかが満たされない場合にSPAと判断されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

中学生の久保選手 J最速デビューなるか!?

現在中学三年生の久保建英君がJ1FC東京のトップチームに2種登録されます。そんな久保君、いや、久保選手につい…

町田がFinal Round進出!Fリーグ プレーオフ 2nd Round

Fリーグ プレーオフ 2nd Round、ペスカドーラ町田が名古屋オーシャンズを破り、Final Round…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。