ヨガとピラティスって似たような動きをしていますが何が違うのでしょうか。
ここ数年、日本でも多くのフィットネススタジオで、ヨガとピラティスのクラスが設けられ、ヨガマットを持っている女性、男性が目立つようになりました。

そこで今回はこの二つのエクササイズの違いについて簡単に解説したいと思います。

ヨガ

現在ではダイエットや健康法としてもブームとなっているヨガですが、本来の目的はストレスなどからの解放から、快適で安定した心を作ることにあります。

ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果がありますが、そこにゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。

歪みが解消し、体全体が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられることはもちろん、活力に満ちた前向きでおだやかな気持ちを得られることがヨガの特長といえます。

ピラティス

ハリウッドのセレブがダイエットや美容法のために取り入れたことで有名になったピラティス。

もともとは、1900年初頭にドイツ人医師ジョゼフ・ピラティス博士と奥さんのクララさんが、負傷兵たちのために考案したベッドの上でできるリハビリのトレーニング法でした。
普通の筋肉トレーニングとは違い、精神的な要素や呼吸法などを取り入れ、肉体を痛めることなく、体の内側の筋肉を鍛えながら、体のコア(芯)を整えるエクササイズです。

ピラティス氏の有名な言葉に、
『10回のレッスンで違いを感じ、20回のレッスンで違いが見え、30回のレッスンで新しい身体を手に入れる。』

というものがあります。
辛い動きもありますが、最初はできなかった動きを根気よく続けていくうちに体のラインに変化が出て、インナーが強くなり強靭な精神を手に入れられることが特徴です。

違いを理解してトレーニングしましょう

どちらのエクササイズも似ている効果が多いので、同じもののように感じますが、ピラティスとヨガではやり方や目的などに大きな違いがあり、全く違うエクササイズです。
ヨガとピラティスの違いが分かると、どちらが自分に合っているかが分かると思います。

ヨガは体だけでなく心、精神の面にまでアプローチしていますが、ピラティスの方は肉体に重きを置いています。

さて、皆さんはどちらを選びますか?
どちらを選んだとしても続けることにより精神的にも、肉体的にも
変化が表れ良い方向に進むはずです。

関連するまとめ

下半身を使って効率よくトレーニング!!下半身のトレーニングスクワットの効果とは?

下半身の筋肉は全体の筋肉量が多いため、瞬発的に使われる筋肉(速筋)も自然と多くなります。速筋とは瞬発的に使わ…

岩永美月 / 521 view

目指せマッチョ!~食事編~

マッチョへの道は、トレーニングだけにはあらず。

中山葵 / 1030 view

働き方改革の影響!?コンパクト型24時間営業スポーツジムの出店が加速中!

2018年7月1日より、既存のメガロス7店舗「吉祥寺・中延・町田・市ヶ尾・神奈川・柏・草加」(※草加のみ8月…

スポラボ編集部 / 1124 view