まず痛風の原因を知ろう

痛風とは高尿酸血書症とも呼ばれて、足の指や足首、膝などに起こる急性の関節炎です。
尿酸は血中に溶けにくく、過剰に存在すると結晶化して尿酸ナトリウムとなり、関節に付着します。
その結果、関節炎や関節の変形を起こすこともあるそうです。

痛風の症状は激痛を伴う関節炎を起こして肝臓に付着したり、結石を作ったりします。
更に進行すると腎臓に機能障害をもたらし、動脈硬化等の合併症を引き起こす原因となります。
尿酸の産生は一般的には500mg程度で、体外への排出は500〜600mg程度です。
尿酸の産生排出は1日で釣り合ってます。
通常体内では1200mgの尿酸が維持されますので、過剰酸性によって排出量とのバランスが崩れ、血中尿酸値が7mg/d以上になりますと、痛風が発症します。
ちなみに発症した所に風が吹いただけで激痛が走る痛みから「痛風」と言われてます。

尿酸が高くなる主な原因としては、アルコールの過剰摂取や、肉食の多い食事の過剰摂取。運動不足や、ストレスも原因の一つと言われてます。

痛風とクエン酸の関係

医薬品ではありませんが、一般的に痛風にはクエン酸が良いと言われてます。
お酢、梅干し、レモンに含まれている酸っぱい成分です。

クエン酸は酸とついてますが、アルカリ性成分で、酸性成分と一緒になると中和する効果があります。
その効果を利用して、排水口のヌメリ解消やお掃除にも良く使われますよね。
「クエン酸」は人体にも役立つ成分ですので、害もありません。
そして実際に、痛風の治療薬として、使われている「ウラリット」は「クエン酸カリウム」、「クエン酸ナトリウム」が主成分で弱酸性尿にするお薬です。

その他にもクエン酸には疲労回復などの効果も期待できます。

痛風に良い食事

痛風の食事療法は、完結に言って、プリンヌクレオチド、略してプリン体をとりすぎない様にする事です。

プリン体が多く含む食品は、レバー、魚卵、干物、カツオ、イワシ、エビなどにプリン体が多く含まれてますので、続けて大量に食べないようにしましょう。
そのプリン体摂取を抑える事で、「痛風」を抑える事になるらしいです。

しかし、100%プリン体が含まれる食事制限をする必要はないです。
体にプリン体を入れたらその分、排出や運動で消耗すれば±0になります。お弁当に梅干しを入れたり、お酢料理を、考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

煮付けからサラダまで様々な所で目にするカボチャ。どんな効果があるのでしょうか。

煮物としてはもちろん、スープやデザートなんかにも登場しますね。最近ではハロウィンイベントでも人気で、ハロウィ…

ピスタチオの力

ナッツの女王と言われているピスタチオ。 日本ではそのままミックスナッツやおつまみとして食べることがほとんどで…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。