アスリートだけじゃない!忙しい現代人にこそ「プロテイン」

「プロテイン」はタンパク質のことで、筋肉をつけるだけでなく、髪の毛や皮膚、臓器や血管など私たちの体内の様々な場所で活躍する必要不可欠な栄養素の一つです。かつてはアスリートやボディビルダーの方々が飲むものとイメージされていましたが、今では一般の方々にも浸透しているようです。なぜなら、現代人にとって一日に必要なタンパク質を食事だけで摂るのことが難しくなっているからです。こんな時に、簡単に不足したタンパク質を補うことが出来るのが、まさに「プロテイン」だからなんです。正しいタイミングでプロテインを活用することで、その効果を無駄なく摂取しましょう。

食事で十分なタンパク質を摂れない人に!

タンパク質を多く含む食品と言えば、肉、魚、大豆、乳製品などがあげられますが、朝・昼・晩の食事だけでは必要な量を摂取出来ない現代人は少なくないんです。一日に必要なタンパク質の量は、年齢や性別、運動量などによって異なりますが、例えば、18歳以上の男性の1日に必要なタンパク質の推奨量は60gとされています。タンパク質60gと言うと木綿豆腐約3丁分ほどですが、激しい運動やトレーニングを行う方であれば、さらに多く摂取する必要があります。

食事だけで補うのが難しい場合こそ、「プロテイン」で簡単に不足分を補うことが出来ます。ちなみに普段の生活にプロテインを取り入れるなら、就寝前30分~1時間前と朝が効果的と言われています。

就寝前は、寝ている間に分泌される成長ホルモンがタンパク質を吸収し筋肉などを増やしますが、この分泌のピークが就寝後30分~3時間と言われています。これに合わせて、プロテインを摂取することで、効率よくタンパク質を吸収させ筋肉量を増やすことが出来るんです。

さらに、起床後は体内の水分や栄養素が枯渇していますので、朝食をしっかりバランスよく食べることがベストではありますが、時間がない場合などには手軽なプロテインを利用して栄養をしっかり補給しましょう。

食事のタンパク質が不足しがちなダイエット時に!

ダイエット中は、運動に加えて、低脂質・高タンパク質の食事が望ましいです。このため、脂質を控えようすると、同時にタンパク質が不足しがちになります。この場合は、余分な脂質が含まれていないプロテインを活用しましょう。「プロテインは太る」と思われている方も多いようですが、プロテインにも様々なタイプがあり、目的に合わせて選ぶことでダイエットの味方にもなります。

余分な脂質を含まないものや、ダイエット時に不足しやすいビタミンやミネラルを含んだものなど、必要に応じて上手く付き合っていくことでよりダイエットの効果も高めることが出来るんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

寝るのも大事

スポーツのパフォーマンスを上げたい時、積極的に睡眠をとっていますか?

秋に旬なフルーツ。梨の栄養と効果とは?

今が旬の梨ですが、約90%を水分が占めているそうです。あまり栄養がないのかと思いきや、そんな事はありません。…

栄養豊富な「納豆」にちょい足しで、栄養効果がさらにアップ!

なにかと健康効果が謳われる「納豆」ですが、実はちょい足しすると、さらに効果がアップする食材があるんです。しか…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。