大阪人はふぐが大好き!

「冬はふぐやで。」
「11月ドンで、ふぐ開始やで。」
「ふぐを食べずに冬を終えるとかありえへんわ。」
「ふぐなんてそこらのスーパーで売ってるやん。安いのもあんで。」
「ふぐで始まりふぐで終わる。それが日本の、大阪の冬やで。」
私の友人の大阪人のN氏の言葉です。

ふぐは高級品。
そんな概念ふぐが大阪人には無いのかと思ってしまうほど、大阪ではふぐがよく食べられており、全国消費量の6割が大阪と言われています。

大阪人にとっては身近な食材のふぐ。
山口県や九州が本場と言われるふぐが、なぜ大阪でこれほどまでに身近な食材となったのでしょう。

資格が他府県より取得しやすい

ふぐには毒があり、資格がないと販売・調理が出来ないというのは、ご存知な方が多いと思いますが、このふぐを扱う資格というのは、実は国家資格でもなんでもないのです。

各都道府県が、処理・調理の条例を定め、試験を実施して、免許を与えているのが現状です。
その為、「ふぐ調理師」「ふぐ処理師」「ふぐ取扱者」など呼び名も都道府県によってバラバラだったりします。

ふぐを扱う資格は各都道府県によって違う事から、資格取得試験を受ける条件も各都道府県によってバラバラで、ほとんどが実務経験が入ります。
まずは日本の首都の東京では、「東京都知事の免許を受けたふぐ調理師の下、ふぐの取扱いに2年従事した者」
また、本場山口県では、「学校教育法第57条に規定する高等学校入学資格を有する者で、3年以上ふぐの処理の業務に従事した者」となっています。

これに対して大阪はというと、ふぐ処理講習会を受講後に、大阪府知事に登録すれば、ふぐ登録者になる事が出来てしますのです。ふぐ処理講習会の内容はわかりませんが、受験資格もなく、いささか簡単に資格が取得出来てしまうのです。
これなら、そこらのスーパーで売っているという知人の言葉にも納得できます。

これらの理由で、大阪には資格取得者が多くおり、ふぐを提供できる環境が多いので、身近な食材へとなっていったと言われています。

関西でのふぐ料理の呼び名

大阪では、他府県とは違った呼び名でふぐ料理が提供されています。
ふぐ刺しは、『てっさ』。ふぐ鍋のことを『てっちり』と呼ばれています。

これは、大阪では昔、ふぐも鉄砲も当たると怖いということで、ふぐをテッポウやテツと呼ばれていており、テッポウの刺身で「てっさ」と言われ、「てっちり」は生で食べれない外国人が、鍋にチリチリと湯に通して食べた事から、この呼び名になったとのことです。

そんな大阪のふぐ文化。
冬に大阪を訪れた時は、味わってみてはいかかでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

5月15・16日は◯◯の日。いくつ知っています

ゴールデンウィークのある5月。 ゴールデンと呼ばれる週がある月なだけに色々な〇〇の日がありそうです。 あなた…

知っていると得する事もある?4月22日は◯◯の日

2020年4月 新生活が始まりバタバタと慌ただしくなりますが、何か楽しく感じる4月。 そんな4月にあるいろん…

知る人ぞ知る1月4日の〇〇の日・〇〇記念日

1月4日。 お正月は終わりました。 これから日常の日々に徐々に慣れて行かないといけませんね。 そんな1月4日…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。