はじめに

みなさんはオオワシをご存じでしょうか?
今回はオオワシについて紹介したいと思います。
オオワシとはどんな鳥なんでしょう?

オオワシ

全長89cm(オス)、102cm(メス)。翼を広げると240cmにもなります。全身黒っぽい茶色で、翼の前と尾羽、足の羽毛が白色で、遠くからもこの白色はよく目立ちます。くちばしの橙黄色が大きいのも特徴です。極東地域だけに分布する貴重なワシで、カラフト北部やオホーツク海沿岸地方、カムチャッカで繁殖し、日本には冬鳥として南下してきます。おどろくほど翼の厚味や巾がひろく、日本では本州の山岳地帯にすむイヌワシをしのぎ、最大のワシです。主な越冬地は北海道で、流氷におりたり、湾港に飛んできて魚を狙い、弱った水鳥や海獣を捕らえたり、死骸も食べます。アメリカの国鳥として知られるハクトウワシなどと共に、海ワシ類と呼ばれるものの一種で、タカ類のように鳥獣を相手に勇壮な狩猟をやる専門家ではありません。飢えたときと繁殖期は積極的に海鳥を襲い、カラスを餌食にし、子ジカやキツネにも爪をかけます。

繁殖

繁殖地におけるオオワシの主食は「サケ」や「タラ」なので、沿岸部や河川付近に巣を作ります。アムール川下流域やカムチャッカ半島では「ドロノキ」や「ダケカンバ」などの大木の樹上や断崖に巣を作りますよ。

巣は2月の終わりから3月初旬にかけて作られ、巣の中での交尾を終えた4~5月頃に1~3個(大抵は2つ)の卵を生みます。1ヶ月~1ヶ月半程度の抱卵期間を経て5~6月に孵化、8月になるとヒナは巣立っていきますよ。

オオワシの分布

オオワシは極東地域にだけ分布する貴重なワシです。主にロシア極東のオホーツク海沿岸やカムチャッカ半島、千島列島に分布していますよ。

繁殖地で越冬する個体が多いですが、秋から冬にかけては越冬のために南に渡ることでも知られています。1月ごろに北海道や本州北部に飛来し、海岸や河川、湖沼などに生息しますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。
オオワシは北海道で見れる鳥なので、
北海道行った際はオオワシを見てみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

転がるチーズを追いかけるお祭り

チーズ転がし祭りとは、イギリスの丘陵地帯・コッツウォルズにある州都・グロスターのクーパーズヒルで毎年春に行わ…

ビールを楽しむオクトーバーフェストとは?

1810年10月に行われた、バイエルン王国の王太子ルートヴィヒとテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウ…

レバーの効能

栄養価が高い

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。