初めて聞いた時はなんじゃそりゃと思った塩風呂。
調べてみると色々と良い効果がある事がわかりました。

塩風呂その効果とは

塩風呂には体を温め、血行を促進する効果があります。全身の血行が良くなるため、筋肉がほぐれ、肩こりや腰痛に効果があります。また、筋肉の疲れをほぐすことにより緊張が取れ、体がリラックスするので、疲労回復にも効果があると言われてます。

・冷え性改善
塩風呂に入ると、冷え性を改善する効果があります。
入浴中、塩分が電解質となって肌をコーティングするため、熱が冷めにくくなります。この作用により、お風呂から出ても湯冷めしにくく、保温効果が持続します。
また、血行促進の効果もあるので、継続することにより、冷え性の改善にもつながります。

・ダイエット効果
塩風呂には発汗作用があり、汗をかくことにより代謝が促進されます。
継続して入ることにより基礎代謝量が増え、痩せやすい体になります。
また、塩に含まれるマグネシウムというミネラルは、ダイエットに効果があると言われています。
塩風呂に入ることにより、皮膚からマグネシウムを吸収するので、効率よく摂取することができます。

塩風呂の作り方と入浴時間

塩は30〜50gほど入れて、様子を見て足してください。
入浴時間は10分から20分がよいとされています。
おすすめの入り方は、まず10分浸かり、一度シャワーで汗を流し、さらにもう10分浸かる方法です。
そうする事で汗に含まれる有害物質をしっかり出すことができるようです。半身浴にして長時間入る方法もよいとされていますが、水分補給も忘れずにおこないましょう。

塩風呂は毎日行っても問題はありませんが、回数は多くても1日1回にしましょう。
入りすぎは肌の負担になり、逆効果になってしまうので基本的には週2〜3日がよいでしょう。
それほど塩風呂には1回でもしっかり効果が見込めるということですね。

塩風呂の注意点

塩風呂に入る際、塩の発汗作用に入浴の温浴効果も相まって、驚くほどの汗をかきます。
脱水症状に陥らないよう、こまめに水分補給をおこないましょう。

また、岩塩などの天然塩には、石などの異物が混入していることがあります。
そのまま入れると浴槽が傷ついてしまう場合があるので、サシェや綿の巾着に入れて溶かすのがいいでしょう。
天然塩でなく、家庭で使用するサラサラで真っ白な塩であれば、そのまま溶かしても構いません。

最後に

以上が塩風呂の驚くべき効果でした。
塩を溶かした風呂に入る。なかなか想像できませんが、一度試してみてはいかかでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

茨城県の地ビール「牛久シャトービール」

牛久シャトービールは、茨城県牛久市にあるビール醸造所「シャトーカミヤ」で造られているビールです。本格派ワイン…

海外旅行のお土産でお困りのあなた!これを参考にして、喜ばれるお土産を買ってきて下さい…

手つかずの大自然、中世の街並みが残る国「イタリア」。美味しいグルメをはじめ、多くのお土産品が販売されています…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。