気温が下がってきてせいか、くしゃみや咳が出始めたなんてことはないですか?
風邪の可能性もありますが、その症状は夏場に増殖したダニのフンや死骸が原因かもしれません。


梅雨時から夏場にかけては、ダニによる影響は刺されることにより
「いるな」と実感できますが、涼しくなってくると刺されることはありませんが、カーペット中にいる
「ダニの排泄物の量」は7月の夏場に比べて7倍にもなるという報告があります。
このフンや死骸がアレルゲンになり、アレルギー反応をひきおこしています。

ダニは体温や汗のジメジメが残っているところや、フケ、髪の毛などのエサが多くあるところを好みます。
家の中でダニが多く潜む3大スポットをまとめてみました。


ダニが好む生息スポット

①寝具まわり
人の体温で温かくなり、髪の毛やフケなどのエサも豊富です。
かっこうの場所といえます。
ダニが多く潜んでいるのが敷布団です。

晴れた日は敷布団を干し、湿気を飛ばしましょう。
物干しざおが2本ある場合は、M字干しが効率的です。
またベットの場合はマットレスを立てて全体に風を通すことが必要です。

干した後は、掃除機などでフンや死骸を取り除くことが必要です。
ポイントは十文字がけです。

縦方向にゆっくる掃除機をかけて、その後横方向にかけていきます。

②カーペット
洗えないことが多いので、ダニが繁殖しています。
人が通る場所や目につくところはふだんの生活でも掃除機をかけたりしていると思いますが、盲点としては四隅です。

四隅には、掃除機をかけなかったりしてエサの温床になっています。
こちらも十文字がけで、丁寧に掃除機をかけていきます。
また丸洗いできるなら、洗ってしまうのが一番効果的です。

③布ソファー
こちらも人の体温で年中温められ、髪の毛なども落ちている
場所です。
ただ丸洗いはできないので、できる範囲でお掃除していきましょう。
薄めた中性洗剤で表面をふきます。
その後、固くしぼった雑巾にて洗剤を拭き落とします。

スチームクリーナーがあれば、熱も与えられるし最適ですが、ない場合はこのようにします。
そしてきれいにしたら、乾燥させます。
窓をあけ、扇風機などをあてて乾燥させましょう。

また、臭いなどが気になる時は重曹をふりかけ
30分ほどおいたら、掃除機で吸い取ると臭いがとれますよ。

ダニが生息しないように対策しよう

毎日のちょっとした習慣で、ダニの生息しにくい環境はつくれます。

ポイントは湿気・ほこりをためこまないことです。
まず朝起きたら窓をあけて、部屋中に風を通します。
そして家具などは壁から少し離しておきましょう。

家具が壁についていると、ホコリもたまりやすいし、風も通しません。

こういう場所にダニは増殖しています。
少し開けておくだけでも、掃除しやすいこともあります。

さらにキッチンやシンク下もダニの温床になっているおそれがあります。
よく小麦粉などの粉類もダニがたくさん生息していると言われます。
シンク下などもこまめに掃除し、時々扉をあけておくことも必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

宮崎県の地ビール「綾の地ビール」

そば焼酎「雲海」、麦焼酎「いいとも」、芋焼酎「日向木挽」などの本格焼酎をはじめ、清酒「初御代」「菊初御代」や…

筋肉量の低下で起こるサルコペニアとは?

サルコペニアとは、加齢や生活習慣などの影響によって、筋肉が急激に減ってしまう状態です。Sarx(筋肉)とPe…

湯船につからないと体臭がキツくなる!?

最近はシャワーで済ませる人も多いと思います。 みなさんは湯船に毎日浸かっていますか? これからはぜひ浸かるこ…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。