身体を蝕む「酸化」

老化物質の一つである活性酸素は、本来、体内に侵入した悪い菌やウイルスを、酸化する力によって殺す役割を持っています。この活性酸素は不必要に増えないよう、体が抗酸化作用を備えていますが、加齢につれて、この作用は低下してしまいます。

これにより活性酸素が増えすぎると、守るべき細胞や遺伝子に対しても「酸化」という悪影響を及ぼし、糖尿病、高血圧、動脈硬化などの様々な病気の発症につながります。

老化を促す「糖化」

酸化に加えて、近年取り上げられることが多い「糖化」もまた、老化を促すものです。「糖化」は、体内のタンパク質がブドウ糖と結合し、“AGE(Advanced Glycation End Products 終末糖化産物)”がつくられる反応です。

“AGE”は加齢に伴って蓄積する老化を促す物質で、シワやシミだけでなく、病気のもとになってしまいます。体内にAGEが蓄積されると、血管が傷み、心筋梗塞や脳梗塞などが助長されます。骨折しやすくなる骨粗鬆症や筋力低下を招いたり、白内障にもつながります。さらにアルツハイマー病との関連も指摘されています。

「酸化」も「糖化」もどちらも防ごう!

AGEをつくる「糖化」と、活性酸素による「酸化」は、互いに増やしあう厄介な存在ですから、生活改善をして、アンチエイジングに取り組みましょう。

身体を「酸化」から守るためには、活性酸素を増やさないことが大切です。アルコールの飲みすぎ、運動不足、喫煙など、また精神的ストレスも、よくないといわれていますので、改善したいところです。

「糖化」は、その言葉からもわかる通り、血糖値が高いとより進行し、AGEが増えます。このため、血糖値を上げすぎない食生活や食後の適度な運動が大切です。ちなみに加熱調理された食べ物にはAGEそのものが含まれているそうで、AGEの蓄積防止には、ビタミンB1(キノコなど)やB6(マグロ、カツオ、ニンニクなど)がよいとされています。改善には、生活習慣を見直すことからになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

椎茸の効果が凄い!?

日本で1番身近なキノコ。それは椎茸ですよね。 煮物にも焼き物にも炒め物にもスープの具にも使えて、良質なダシが…

添加物を取らないと言っているあなた!本当ですか?

よく添加物は取っていないと自慢げに話している人を耳にしますが、本当なんですかね?とか言っている人の話を聞いた…

なぜ春になると眠くなるのだろう

春は眠くなる。その原因と対策

関連するキーワード

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。