私の友人が以前はなかったのにアゴにニキビができてならないと言っていました。少し気になり調べてみるとありました。マスクニキビというものが。
今回はマスクニキビについて考えられる原因なんかをみていきます。

マスクニキビの種類

① コロナウイルスを避けるための医療用マスクや、布や紙製のマスクを着用した後に、頂点のような小さな白い点となって表れる。

② スキンケアのマスクやパックをしたままお風呂に入り過ぎることで起こる可能性があるそうです。

マスクが悪いのではなく、肌のバリアが破壊されることが原因といわれているそうです。

ニキビの考えられる原因

① 摩擦や刺激
表皮は水分を保持し、そして外部から有害な物質が入り込まないよう、いわば盾の役割をしている。この層がダメージを受けると、ニキビのような炎症を引き起こすそうです。

② ホルモントラブル
炎症の起きた毛穴は、白く小さな突起になります。これは、ホルモントラブルによって肌の深部から発生する痛い腫物とは別のものです。あたかも肌が押さえつけられたり、塞がれたりすることで起こるニキビのように見えますが、実はそうではないそうです。

マスクニキビが出来やすい場所

マスクニキビは、マスクが接触している線上にできるからです。呼吸している口の周りにはできず、耳掛けのゴム紐に沿ってできたり、鼻筋やアゴにできるそうです。使い捨てでない布マスクもニキビを発症させますが、これは洗わないことによって汚れやバクテリアが蓄積されるからなんだそうです。
使ったら、洗うを徹底すれば防げるそうなので清潔にしておきましょう。

その他注意点

肌のバリアが破壊され、刺激を受けやすい状態になっているとしたら、より多くのバクテリアが侵入し水分を奪い取ってしまうそうです。
肌は水分を失います。肌がひとたび水分を失うと、炎症を起こし、皮脂腺に対してもっと多くの皮脂を作り出すように命令が伝わります。その結果、肌細胞が皮脂を外部に出すことができず、ニキビを誘発してしまうそうです。
そうなると、やはり保湿が重要になってくるので、お悩みの方は保湿も見直してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

赤ちゃんと家族の“お肌をいたわる” おすすめお風呂アイテムとうるおいケアをご紹介

飲む水は気にするのにお風呂の水は気にしなくていいの? これから季節は、肌の乾燥も気になるところ。 赤ちゃんと…

知っていましたか?ニキビはできる位置によって原因が違うそうです。

夏は紫外線が活性酸素を発生させて、炎症につながるそうです。また、汗をかいたまま長時間放置するとにきびの悪化に…

表情筋を鍛えてみませんか??

表情筋を鍛えるメリットを紹介していきます。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square