全身の健康維持を担う「足裏」

人の「足裏」は第二の心臓と呼ばれるほど、全身の健康維持を担う大きな働きをしています。血液を全身に送り出すポンプの役割があり、心臓から足、さらに心臓へと循環するために足の筋肉が働いています。

「足裏」には、反射区と呼ばれる身体のあらゆる器官や内臓をつなぐ末梢神経が集中していて、この反射区を刺激するのが、いわゆる足裏マッサージ。刺激することで機能が低下している器官や内臓を回復させる効果が期待できます。この反射区の配置は、ヒトの身体の縮図ともいわれており、実際の内臓や器官の配置と対応しているそうです。足は全身の健康を支える要であり、足をケアすることで全身の健康を活性化させることができるのです。

「足裏」をマッサージすることで得られる効果!

「足裏」には全身の内臓器官の正常機能を維持するための反射区が集中しています。この足裏をマッサージすることで弱っている機能を活性化し回復へと導き、全身のコンディションを整えることができるんです。

また、「足裏」を刺激することで血流がよくなり、溜まった老廃物を押し流すことで全身の循環が改善されるため、冷えやむくみが解消されるのも期待できる重要な効果のひとつだ。この効果は、足首を回したりふくらはぎをマッサージしたりすることで、より症状を改善できます。血流がよくなると、硬くなった筋肉が柔らかくなりクッション性が向上するため、歩行が安定します。これは全身の姿勢をバランスよく整えることになり、腰痛や肩こりの改善にもつながるという嬉しい効果も。さらに反射区は全身の自律神経を整えるポイントでもあるので、刺激することで心身ともにリラックスし、不眠解消などにもつながるといわれています。

食後のマッサージは注意!

自分自身で「足裏マッサージ」を気軽に行うことができますが、足裏健康法を実践する場合にはいくつか気をつけなければならないポイントがあるそうです。

食事を摂った直後の足裏ケアは避けたほうがよく、これは食後は食べ物を消化するために消化器に血液が集中しており、足裏マッサージなどで刺激を加えてしまうと消化器にさらなる負荷を与えることになるからです。飲酒後のケアも周囲が必要で、足裏マッサージなどで全身の血流を活性化すると、アルコールをも全身に行き渡らせることになるため、より酔いが回ってしまうのです。体調が悪いときに足裏ケアを施すことも避けましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

三文の得どころじゃない!今年こそは「早起き」しよう!

「早起きは三文の得」という言葉がありますが、三文どころじゃないんです。早起きにはよい効果がたくさんあり、多く…

最近話題の「座禅」。瞑想との違いは?

最近、有名人が実践していたりとなにかと「座禅」が話題になっていますが、「瞑想」とどう違うのでしょうか?

ビタミンDの働きと効果!! 

現代では、紫外線を避ける人が多くなったそうです。その結果、日焼け予防対策を日常的に行う人が増え、血液中のビタ…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。