腹筋を総合的に鍛えよう

コアが強いと、お尻周りや背中上部の可動域の改善に力を注ぐことができます
「動くときに腰を過度に使ってしまうと、股関節や背骨の上部がこわばって硬くなり、怪我をしやすくなるのです」
シックスパックの引き締まったお腹を作る腹直筋(前側の腹筋)から、背骨を支える腹横筋(お腹の深いところにあるコルセット筋)、余分な脂肪がつきやすい腹斜筋まで、体の中心にあるコアの筋肉全体を鍛えて、スムーズに動くことができる体をつくりましょう。

「しっかりと呼吸しながら行う動きが多いため、腹筋の一番深いところにある腹横筋を鍛えられます。筋力がつき、日々の動作が楽になります

効果的な回数・時間は?

ちなみに、コアは毎日動かしてもまったく問題なし。

筋トレを始める前に1〜3つ程度のコアエクササイズを行うと、ウォームアップになりますよ」
これから4週間、毎日新しい腹筋エクササイズに挑戦してもらいます。
チャレンジを続けるごとに、だんだんと内容もレベルアップ。
各エクササイズを8~12レップ、もしくは30秒間×3セットこなしましょう。

バードドッグ

このエクササイズでは、腹筋だけでなくバランス感覚も鍛えていきます。

腕と脚を上げる際、足の裏で後ろの壁を押すように、腕は前の壁の方へ伸ばすようにイメージするといいでしょう。

よつんばいになり、肩が手首の真上、腰が膝の真上にくるようにします。
足首を曲げたまま、右脚を後ろに伸ばし、左手を前に伸ばします。
腕と脚を入れ替えながら、8~12回繰り返します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

家で簡単トレーニング【プランク編】

ダイエットや競技パフォーマンス向上のため、多くの方に実践されている体幹トレーニング。その中でも代表的なものに…

静的ストレッチの利点と注意点

ストレッチには、静的ストレッチというのがあるんです。

スポーツのための食事学。アスリートフードマイスターとは

アスリートを食事から支える人におすすめの資格

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square