「インフルエンザ」対策には、腸内環境と免疫力が大事!

「インフルエンザ」を予防するには、日々の食生活も重要な要素と言えます。インフルエンザ、また風邪にかかりにくい身体をつくるには、免疫力を高めることが一番です。この免疫力を高めるには「腸内環境を正常に保つ」「粘膜を強くしてウイルスの侵入や炎症を防ぐ」という2点がカギになります。

腸内環境を正常に保とう!

腸内環境を正常に保つためには、納豆やヨーグルトといった発酵食品、根菜やキノコ類などに多く含まれる食物繊維を意識的に摂取するようにしましょう。年末年始は暴飲暴食が続きがちで、胃腸に負担がかかっている人が増えますので、少し食事量をコントロールしたり、油っこいものを控えたりして、野菜中心の食事にしてみるのも良いでしょう。

免疫力を高めよう!

免疫力を高めるためには、ビタミンAの含有量が多い食材を食べる心掛けをしよう。ビタミンAは緑黄色野菜(ブロッコリー、かぼちゃ、にんじん、ピーマンなど)やレバー、卵などに多く含まれています。また、近年は野菜の皮、種などに含まれているファイトケミカルをスープに煮出して摂取することで、免疫力を高められると言われていますので、野菜の持つパワーをしっかり体内に取り入れましょう。

もし「インフルエンザ」にかかってしまったら、食事は、、、

最後に、インフルエンザや風邪にかかってしまった場合です。かかってしまってからでは食欲がなくなり、インフルエンザでは、水分補給するだけで精一杯ということもありえます。

まずは、医師に処方された薬でしっかり治すことが大事ですが、回復に向かい食欲が少し出てきた場合は、エネルギー源になり体力回復をサポートする糖質の多い食材を摂取するようにしましょう。代表的な食材はイモ類やご飯、フルーツなどになります。加熱したり、すりおろしたり、おかゆやジュースにしたりなど、消化のよい状態にして食べると、弱っている胃腸の負担が少なくなるのでオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ごぼうは、腸内環境を整え肌荒れや便秘の予防に大きな効果が期待できます。その成分とは

ごぼうは食物繊維が豊富な食材として有名だが、どれだけの頻度で食べられているだろうか。

朝ごはんを食べるとこんな効果が?!

遅刻ギリギリで朝ごはん食べる時間ない!ダイエット中だから朝ごはん食べない!なんて方も多いのではないでしょうか…

インフルエンザ対策は大丈夫?温度と湿度に注意しよう!

インフルエンザをはじめとした様々なウイルスは冬に活発になります。日本特有の冬の気候はウイルスの好む環境だとい…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。