はじめに

みなさんはヒマワリの種を食べた事はあるでしょうか?
アメリカのメジャーリーガーはガムも噛んでますが、ヒマワリの種を口に入れて食べたりもしています。
そんなヒマワリの種にはどんな効果があるのでしょうか?
日本ではなかなか食べたりする機会はありませんが、今回はヒマワリの種について少しだけ紹介したいと思います。

ヒマワリの種

ヒマワリの種はキク科の植物であるヒマワリの花にできる種子です。
ヒマワリは高さ3mくらいまで生長し、夏に大きな黄色の花を咲かせます。一見、大きな1つの花のように見えますが、実は多数の花が集まって1つの花の形をつくっています。これはキク科の植物によく見られる特徴で、外側に黄色い花びら、内側に花びらがない茶色い花がついています。
ヒマワリは種実を食用や油糧とするため、あるいは観賞用にするため、広く栽培されています。
ヒマワリの名前は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ることが由来しています。
しかしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長がさかんな若い時期だけです。
またヒマワリは夏の季語であり、夏を代表する花といえます。
そのヒマワリに含まれる種のかたちは長卵型でやや平たく、長さは約1cm、10g程度です。
種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向に黒と白のしま模様があります。
市販されているものはヒマワリの種は煎って塩味をつけたものが出まわっています。

効果

ヒマワリの種は鉄や亜鉛、銅などのミネラルを含み、体の調子を整える働きをサポートします。
鉄や銅は貧血の予防に、また亜鉛は細胞の生まれ変わりを助けて髪や爪、肌を健やかに若々しく保つ働きがあります。
ヒマワリの種にはリノール酸とビタミンEが豊富で、ビタミンEは老化防止、冷え、美肌に役立つ成分で髪や肌をはじめとする体内の細胞の老化を防ぐことが期待されます。

そのほか、ヒマワリの種には葉酸が含まれ細胞の生まれ変わりや造血作用などを助ける成分として活躍します。赤血球をつくり出したり細胞の生まれ変わりを助け、成長を促進する働きが知られています。
細胞の生まれ変わりが盛んな、成長期の子どもや妊婦の方には大切なビタミンです。
肌細胞の生まれ変わりのトラブルの1つである、肌荒れや口内炎ができやすい方にもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

乾燥してくる季節に重宝されるキンカン。そんなキンカンにはどのような効果があるのか?

キンカンの果実はミカン科の中で最も小さく、大きくても1個20g程度です。やや縦長でみかんを小さくしたような黄…

スポーツチャンバラ略してスポチャンってご存知ですか?今、新しい競技としても大注目のス…

スポーツチャンバラは一見遊びのようにも見えますが、大会もありもちろんルールに沿って戦うものです。最近は、趣味…

スポーツ観戦の際のマナーとは?

選手がプレーしている最中に、動いたり、喋ったりすることは、プレーの邪魔になります。 スタッフが「お静かに!」…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。