はじめに

みなさんは普段コーヒーやエナジードリンクを飲んだりする事はありますよね?コーヒーやエナジードリンクにはカフェインが多く含まれています。摂りすぎると良くないの?と思う方も多いかと思います。今回はそんなカフェイン中毒について少しですが紹介したいと思います。

カフェイン中毒

カフェインを取り過ぎることによって生じる中毒症状のことです。カフェインは天然に存在するアルカロイドと呼ばれる有機化合物で、精神興奮作用や利尿作用、さらには解熱作用や強心作用などを持っています。

天然に含まれるカフェインだけであっても常日頃から習慣として多く摂取していれば中毒になることもありますが、眠気覚ましや「やる気を高めたい」というときによく飲まれるエナジードリンクや清涼飲料水には人工的に多く含まれていることがあり、これらの過剰摂取は頭痛、めまいや不安、さらに重症になればカフェインが足らない場合に禁断症状が現れ、最悪の場合には生命にかかわることもあります。

症状

精神症状

興奮やイライラ、緊張、不安、あせり、不眠などがあります。重症になると、わけがわからなくなる(精神錯乱)、妄想、幻聴や幻覚、パニック発作、衝動性などが現れ、酷い場合には自殺の衝動にかられることさえもあります。

身体症状

頭痛、胸の痛みや、吐気、嘔吐や下痢、脈が速くなる状態(頻脈)や不整脈、動悸などの循環器系の異常、さらには手足の震えやむずむず感などが現れます。重症なものでは、足がつるなどのけいれんや、目のまぶしさ(羞明)を引き起こすことがあります

治療

カフェインに対する解毒薬や拮抗薬はありませんので、治療の基本は生命を維持するために必要な全身管理を行いながら、体のなかのカフェインの濃度が十分に低下するのを待ちます。

重症である場合には、鼻から入れた管を使って行う胃洗浄や、太い静脈にカテーテルを留置して行う血液透析を行うこともあります。さらに、興奮や錯乱状態で自傷他害の恐れがあったり呼吸不全があったりする場合には、ベンゾジアゼピン系の鎮静薬や抗精神病薬などを用いることがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

何が違うのか!?野球の試合でも影響のある天然芝と人工芝の違いとは!?

生きた芝草は生長に差があるので放っておくと長さにバラつきが出てきます。また草の太さもそれぞれ違います。天然芝…

長野県へ来たら訪れたい観光地

魅力満点の長野県の観光地をご紹介します

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。