バレーボール界、令和初の世界一?!

FIVB公認ロシア協会参加の「Beregovaya Volleyball League」主催の国際大会「Nations Cup Volleyball mixed 4+2大会」で日本代表チームが世界一に輝きました。9か国全10チーム(フランス、ロシア、日本、カザフスタン、オーストラリア、ポーランド、香港、イギリス、マレーシア、ノヴォシビルスク州)が参加し、日本チームは予選リーグを全勝で突破し、準決勝のポーランド戦、決勝のロシア戦に勝利し初優勝を飾りました。

令和時代、最初の世界一は2020年5月13日(月)~18日(土)に行われていた男女4・2のロシアで行われたNations Cup Volleyball mixed 4+2大会に参加した「どすこいジャパン!」
日本には男女6人制混合バレーボールのチームが2000チーム以上あります。そのチャンピオンチームの名前がChip&Deebu(チップアンドデーブ)。彼らが中心となって結成されたのが今回の「どすこいジャパン!」。代表の木本主将のチャーミングなキャラクターがこのチームの愛称となっています。
名前からは想像できないファンタスティックなバレーボールは世界から称賛され、日本のバレーボール界のレベルの高さを証明してくれました。

2020年3月4日~8日に日本でMixed 3&3 volleyball のWorld Cupを開催します。
日本の混合団体スポーツ界のパイオニア。日本の混合バレーボール界に今後も注目したいですね。

関連するまとめ

アタックZERO PRESENTS ”最後のユニフォーム”プロジェクトを12月9日よ…

花王株式会社の衣料用洗剤ブランドのアタックZEROは、これまで沢山のスポーツを通じて、何かに夢中になる子ども…

男子バレーボール界の最高身長

ロシアの伝説的なバレーボール選手で、ロシア代表としてオリンピックで金メダルを獲得

関連するキーワード