肉だけじゃなく「青魚」もしっかり食べよう!

最近では食卓の主役を肉類に奪われがちですが、かつては日本の食卓を支えていた魚。最近、食べていないという方も少なくはないでしょうか。なかでも「青魚」には秘められた栄養が豊富にあるんです。そもそも「青魚」とは、背中が青くて、赤身の魚のことをいいます。見た目や肉質などから言っている言葉で、魚の分類学でわけられたものではありません。イワシ類・サバ類・サンマなどの、いわゆる「背の青い魚」の総称です。

「青魚」が豊富に含む不飽和脂肪酸の効果

北極圏に住む人たちは、住んでいる地域の特性上、野菜をほとんど食べずに脂肪摂取が中心の食生活でした。こうした食生活では、血栓症(血管に血液の塊ができて血流を阻害する病気)や肥満の人が多くなりそうですが、彼らには非常に少なかったそうです。この理由が、不飽和脂肪酸を豊富に含む「青魚」を常食としているためなんだそうです。

不飽和脂肪酸(DHA、EPA)には、血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、血液の循環をよくする効果があり、動脈硬化・心臓病・がんの予防につながります。 また、不飽和脂肪酸は脳の働きを活性化するので、脳卒中や認知症の予防効果が期待できます。

他にも不飽和脂肪酸は、乾燥肌・アトピー性皮膚炎の改善、視力の向上などをもたらすことが知られ、さらに、青魚に含まれる数種類のビタミンが、こうした一連の働きを一層高めます。

不飽和脂肪酸を効果的に摂取するなら、刺身で食べよう!

「青魚」に含まれる不飽和脂肪酸などの栄養素を効果的に摂るなら、オススメは刺身です。これは、調理をすると栄養素が油と一緒に流れ出てしまうからだそうです。また、DHAは体内に入ると酸化するため、十分な健康効果を発揮できないそうです。オススメなのが、ゴマに含まれるセサミン、大豆やカボチャなどに含まれるビタミンEなど、抗酸化成分と一緒に食べることです。九州の郷土料理「ゴマサバ」や居酒屋などにある「マグロ納豆」は理にかなった食べ方なんだそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

秋になるとオレンジ色の柿の実をたくさんつけた木を見かけることありませんか?その魅力と…

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺。 正岡子規の句に読まれるように秋の代名詞とも言える「柿」

年齢別でわかる理想の体脂肪率

性別・年齢で理想の体脂肪率は様々です。

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。