リストラップとは

リストラップは手首の周りに巻くことで関節を安定させるサポーターです。
主にベンチプレスやショルダープレスなどのプレス系の種目で使用します。
リストラップは形状が同じでもゴムの長さや硬さに種類があります。
長さについては60cm前後の標準タイプ、30cm前後のショートタイプ、90cm前後のロングタイプがあります。
ショートタイプはサポート力が弱く、ロングタイプは扱いづらくなるため、初心者の方には標準的な60cmタイプをおすすめします。
また、硬さについては扱う重量が大きい方ほど、しっかりと手首を固定できる硬めの生地でできたものを選びましょう。
硬すぎると手首を固定した際に痛みが生じてしまうこともあるため、適度な硬さのものを選びましょう。

リストラップの効果

●手首の保護
リストラップの主な効果は手首の保護です。
トレーニングの際に高重量を扱うと手首を痛める可能性が高まります。
リストラップで手首を固定することにより手首への負担が軽減されるので、手首の怪我防止につながります。

●手首の安定性が高まる
また、手首の安定性が高まることで、無駄な力を使わずトレーニング動作に集中することができます。

●リストラップのデメリット
大きなメリットがある一方で、リストラップにはデメリットも存在します。
リストラップに頼りすぎると、前腕筋軍が効果的に鍛えられません。
本来、手首関節の角度維持は前腕筋群の筋力によって支えられています。
軽い使用重量でもリストラップを常に使用する癖をつけてしまうと、前腕筋群が弱まってしまうというデメリットがあります。

リストラップの使用方法

リストラップの先端に付いている小さい輪を親指に通した状態で、手首に巻いていきます。
手首は丸めながら、関節を挟むようにして巻きましょう。
手首の屈伸運動がリストラップで制限されていればOKです。
使う際のポイント/注意点には以下のようなものが考えられます。

・ウォームアップには着用しない。
・正しいフォームを習得してから着用する。
・適切な位置で巻く。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

走っていてもスタミナがつかない、すぐ疲れてしまう。そんなスタミナをつける方法とは

全身持久力とは、全身を長時間にわたり動かし続けられる力のことで、一般的に「スタミナがある」と表現されるときは…

みんな何聞いてる?運動時の音楽アンケート

運動するときに曲を聞くことってありませんか? 音楽は時に集中力を高めたり運動していてきつくなったときに力を与…

カッコいい身体キレイな身体を作る為に欠かせない下半身強化の筋トレ6選!足の筋力トレー…

下半身強化はいかなるスポーツや筋トレ、フィットネスでもとても重要です。 足のトレーニングは大腿四頭筋やハムス…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。