ウォーキングは何故根強い人気があるのか

ウォーキングが人気の理由の一つは、その手軽さではないでしょうか。ウォーキングはいつでもどこでも思い立ったら始めることができます。他のスポーツのように特別な道具は必要ないので、シューズやTシャツなどのウェアだけを用意さえすればジムに通う必要もありません。始めるにあたってお金もかからないので、経済的に健康な身体に近づけます。また、ウォーキングはジョギングなどに比べて、関節や筋肉への負担が少ないというメリットもあります。体にかかる負荷が少ないのでケガをしにくく、年齢や性別を問わず誰でも楽しむことができるスポーツです。体力がある人は早く、高齢者や体力がない人はゆっくりと、自分のペースに合わせて行うことができるのも魅力でしょう。

ウォーキングの効果とは

心肺機能の向上
ウォーキングは酸素を体に取り入れる有酸素運動です。酸素を取り組むと血液の循環が良くなり体の末梢部分まで酸素や栄養素が運ばれやすくなります。また血圧が高くなるのを防いだり、肝機能などの働きも良くなります。
肥満が解消できる
運動をすることにより体に溜まった脂肪を燃やすことができます。脂肪を燃やすには酸素や筋肉が大切な役割をしますが、ウォーキングは筋肉がつくので効率よく体重を落とすことができるようになります。そのほか運動によって腸の蠕動運動も活発になるので便秘が原因で肥満気味の方にも効果が期待できます。
免疫力が高くなる
ウォーキング時の呼吸は深呼吸に近く自律神経のバランスを整えるのに役立ちます。定期的に運動をすることで体力もついて風邪や病気にかかりにくくなります。
美容やダイエットに効果的
運動すると汗が出やすくなり新陳代謝が改善されます。体の代謝が改善されることにより肌の細胞も活発になり、健康な肌を保つことができます。
ストレス解消
適度に運動することでリフレッシュすることができストレス解消になります。ウォーキングをすることにより脳のホルモンバランスが整い精神を安定させることができます。また毎日違った景色を眺めることにより脳も活性化され老化防止にもつながります。

ウォーキングは朝が良いのか?夜が良いのか?

朝にウォーキングをするメリット
朝日を浴びて運動することで体が目覚め、1日を元気に過ごすことができる点です。脂肪の燃焼効果も朝の方が高いので、ダイエット目的の人にはおすすめです。夜は残業や友人との予定など、思った通りに時間が取れないことも多いので、朝の時間帯に習慣化するといいでしょう。

朝ウォーキングのデメリット
目覚めてすぐは体が硬いのでケガをしやすい点です。十分にストレッチをして、水分や糖分を補給してから歩くことを心がけましょう。

夜に歩くメリット
睡眠の質を高める効果を期待できる点です。ウォーキングで体温を上げてから、数時間後に体温が下がったときにスムーズに眠りに入りやすく、ぐっすりと眠ることができます。また、1日の終わりに歩くことで気持ちをリセットし、ストレス解消にも役立つでしょう。

夜ウォーキングのデメリット
予定や仕事の疲れなどでなかなか習慣化できないことです。身体と心にさまざまな効果が期待できるウォーキングは、毎日続けることが大切です。無理なく自分のペースで続けることで、体質改善が期待できるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

電車で鍛えろ!?通勤中もダイエット!

毎日の通勤でもカラダは鍛えられる!電車は座らず立っていよう!

筋トレ前に食べるといいもの3選をご紹介

何食べたらいいの? 筋トレの前に食べると良い食べ物とは…

シェイプアップ基礎知識

体脂肪ってなかなか減らすことできませんよね。しかし、ちょっとした工夫で、効率よく脂肪燃焼しやすくなります。

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。