健康診断では身体測定や血液検査、尿検査などさまざまな検査が行われます。その分検査表の項目も多く、「一体どの項目に注目したらいいの?」「この項目はどんな病気に関わるの?」と悩む人も多いもの。 ここでは年代別に気をつけたい病気や、健診結果でチェックしてほしい項目を紹介します。

30代チェックポイント

体力の衰えを少しずつ感じる人も多い30代。不規則な食事や運動不足による肥満のリスクが高いといわれています。肥満は高血圧や糖尿病などを引き起こすので注意が必要です。
健診結果では体重はもちろん、肥満度を示すBMIや体脂肪率もチェック。BMIが25以上の場合は肥満の可能性があります。

また、胃がんや大腸がんなどのがんリスクは30代ごろから高まるといわれています。健康診断の基本項目にない場合は、オプションで追加することをお勧めします。

40代チェックポイント

働き盛りの40代は仕事で責任ある立場になることが多く、生活の中で何かと無理をしがち。それに加えて、若いときの無理がだんだんと表面化してくる年齢でもあります。

お酒を好む人は肝臓疾患に注意。肝臓に関わるAST・ALT、γGTなどの項目に異常がないかをチェックしましょう。慢性肝炎や肝硬変などが判明するきっかけになるかもしれません。また、「腹部エコー」などを追加で行うと、肝臓疾患の早期発見にもつながります。

50代チェックポイント

50代になると、高脂血症・高血圧のリスクが高まります。動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などの大きな病気を招く高脂血症は自覚症状が少なく、健康診断の結果が発見のカギとなります。
診断項目では血圧のほか、コレステロール値と中性脂肪に注目。特にLH比は高脂血症の指標となります。

加えて、これからの健康のためにも「PET検査」や「脳ドック」を受けておくと安心です。多少費用はかかりますが、がんなど重大な病気の早期発見につながります。特に喫煙や運動不足などで生活習慣が気になる方は検討してみると良いでしょう。

60代チェックポイント

50代になると、高脂血症・高血圧のリスクが高まります。動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などの大きな病気を招く高脂血症は自覚症状が少なく、健康診断の結果が発見のカギとなります。
診断項目では血圧のほか、コレステロール値と中性脂肪に注目。特にLH比は高脂血症の指標となります。

加えて、これからの健康のためにも「PET検査」や「脳ドック」を受けておくと安心です。多少費用はかかりますが、がんなど重大な病気の早期発見につながります。特に喫煙や運動不足などで生活習慣が気になる方は検討してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あなたは何派?こだわりの乳酸菌を知ろう

ヨーグルトは好きですか?わたしは夕飯後のデザートとに毎晩食べています。

季節の変わり目は体調を崩しやすい??免疫力を高める食材とは。

梅雨から夏にかけての季節の変わり目。 気圧や気温の変化で体調を崩しやすい季節です。 でもでも体調なんか崩して…

タアサイの栄養や効果とは

最近はスーパーなどで、海外の野菜もけっこう売られていたりしますよね。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。