キャベツとは

生でも煮ても炒めてもおいしいキャベツはビタミンCが豊富な野菜です。本来は涼しい気候のもとで栽培される作物ですが、北海道から沖縄まで幅広い地域で生産されています。
キャベツは季節ごとに味や性質が微妙に変化するのも魅力のひとつ。春に葉がやわらかく巻きが緩い春キャベツ、冬には葉の巻きがギュッと締まった冬キャベツ、夏から秋にかけては巻きが強く歯ごたえの良い夏秋キャベツが出回ります。それぞれの季節にあった食べ方を楽しみましょう。

効果とは

ビタミンUが胃炎・胃潰瘍を予防
キャベツから発見されたため、「キャベジン」として親しまれていますが、正式名称ビタミンUは胃酸の分泌を抑制し、胃腸の粘膜を保護・回復する効果が。胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善します。ビタミンUの効果は生食こそ発揮されます。

ファイトケミカルががん予防に効果的
キャベツはがん予防効果のある野菜「デザイナーフーズ・プログラム」の最高ランクに位置。これまでの研究では、キャベツが含むファイトケミカル(天然化学物質)が食道が
んや胃がんを予防・改善する効果が認められています。

代謝が良くなる
酢と砂糖は体内でクエン酸回路に働きかけて、エネルギー生産性を向上。血流が良くな
り、血圧低下や冷えなどの改善に役立ちます。

選び方

巻きの外側の葉の緑色が濃く、芯の切り口が新しいものが良いでしょう。持ってみて重量を感じられるものを選びましょう。

カットしたものを買い求める際には、芯の切り口が黒ずんでいないか、芯の 高さが高くないかを確認して選ぶようにします。

下から見ると、巻きのバランスを見ることができます。巻きがきれいに同じような角度で巻いているものはストレスがかからない状況で育ったと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

暑い時期に注意しよう。内蔵型冷え性

今年の夏はいつもよりも暑くなるそうですね。 冷たい物を食べたり、クーラーにあたってばかりいると内蔵型冷え性に…

血圧が正常値でも仕事中は約4割の人が高血圧になっている!

健康診断をクリアーしたと思って油断していると危ないですよ。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。