ミネラル補給

ココナッツウォーターはカリウムを中心としたミネラルを含んでいて、電解質が多く身体とほぼ同じ浸透圧のため「天然のスポーツドリンク」とも呼ばれています。昔の船乗りや生理食塩水が入手できない発展途上国人たちは脱水症状の際に生理食塩水の代わりとして静脈点滴に利用するとも言われています。特にむくみ対策として効果が期待されるカリウム含有量はは100gで比較した場合ココナッツウォーターは230~250mgと、大体のスポーツドリンクが10~20mg程度の含有量であるのに対し非常に豊富です。また100gあたり20kcalと低カロリーで脂質もほとんど含まれていませんから、ダイエット中の飲み物としても適しています。
ただ、lナトリウム含有量が少ないためハードな運動に適さないという見解が一般的となっていますが、栄養補給としてや軽い有酸素運動などを行う場合には適しています。

ビタミンB1が豊富

ココナッツは、ビタミンB1の栄養を豊富に含んでいます。
ビタミンB1は、炭水化物の代謝を促す働きがあるビタミンです。
ビタミンB1には脳や神経の機能を正常に保つ働きもあるため、不足すると判断能力が鈍ったり手足のしびれの原因になることがあります。
にんにくなどに含まれる栄養素アリシンと同時に摂取することで、体内吸収率が上がりますよ。

ダイエットにも

ココナッツの代表的な成分と言えば、中鎖脂肪酸です。
ココナッツに含まれている中鎖脂肪酸は、主にヤシ科の植物の種子に含まれている天然成分で、母乳や牛乳にも含まれている栄養です。
中鎖脂肪酸は、一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸に比べて分子の長さが短いため、体内に蓄積しにくく効率的に分解・燃焼される特徴がある脂質です。
また、カラダについている脂肪を燃焼させる効能もあるため、ダイエットに効果があります

免疫力向上

ココナッツミルクには中鎖脂肪酸の一種である「ラウリン酸」が豊富に含まれています。ラウリン酸は母乳にも含まれている成分で、ココナッツのラウリン酸は非常に母乳と似た形状で含まれているため人体への吸収率が良いと考えられています。
ラウリン酸はインフルエンザウィルスなどの病原菌に対する抗菌作用があるほか、体内で唾液の成分でもある「モノラウリン」に変化することで腸内の悪玉菌を抑制し、善玉菌を活性化させる作用もあると言われています。体の免疫期間のいち大半が腸にあるため、近年は腸内環境と免疫力についての関係も注目されています。ココナッツからラウリン酸を摂取して腸内フローラを整えることからも、免疫力向上効果が期待できるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

週末の寝溜めは意味が無い?睡眠過剰に要注意!

今回はついついやってしまいがちな寝溜めのデメリットについてご紹介したいと思います。

ぶどうの効果

ぶどう、美味しいですよね

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です