むくみ解消

メロンにはむくみの解消効果も期待できます。
メロンの栄養の中にはむくみの解消効果が期待できる
カリウムが豊富に含まれています。
その分量は、カリウムが多いとされている
スイカと比べて3倍も含まれているほどです。
カリウムは身体に溜まった余分な水分や塩分を排出する効果があるため
むくみの原因になる水を出してくれます。
特に日常生活でヒールやブーツ、ストッキングを多く履く方は
足がむくみやすくなっています。
むくみの解消のためにもデザートにはメロンを選ぶと良いそうです。

美肌効果

メロンに含まれるβ-カロテン量は、種類によって異なります。もっとも多く含まれているのが、夕張メロンのような赤肉種のメロンです。「100g中:3600μg」は果物類でトップクラスを誇り、人参や小松菜を上回る量が含まれています。
必要に応じて体内でビタミンAに変わるβ-カロテンは、体内の粘膜や皮膚の健康や呼吸器系の機能を維持する働きがあります。
また、β-カロテンには強力な抗酸化作用があることが知られています。体内で発生する活性酸素は、肌荒れやシミ、しわ、その他全身の老化の要因となります。
抗酸化作用は、この憎き活性酸素の働きを抑える作用。つまりβ-カロテンには、身体やお肌を若々しく保つ効果があるというわけです。抗酸化作用に期待するなら、赤肉メロンを選ぶといいそうですよ。

お肉の消化を助ける

メロンには、タンパク質分解酵素であるククミシンが含まれています。
ククミシンはメロン特有のタンパク質分解酵素です。お肉などタンパク質が含まれる食品との相性が良く、消化を促して胃もたれを防ぐとともに、効率よくエネルギー源となります。
ククミシンは特に、夕張メロン、マスクメロン、アンデスメロン、アムスメロンといった網目のあるメロンに多く含まれています。
また、メロンを食べると喉のイガイガや痒み、唇や舌がピリピリするといった症状は、口腔内アレルギーの場合もありますが、このククミシンが原因ということもあります。
これは、ククミシンによって口の粘膜のタンパク質が刺激されることで、食べた直後にこのような反応が起こります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

豆腐の驚くべき効果とは

健康食品として昔から日本でも馴染みのある「豆腐」

産卵期を控えた春から初夏が旬!サザエ!

サザエとは暖かい海域を好む巻貝です。三重県や千葉県、長崎県で漁獲されています。足の先に硬い蓋を持っているのが…

セロリの効果とは

セロリは香りが良いですよね

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です