ここ最近、太り続けて、遂には人生マックスの体重となっている今日この頃の私です。このままではいかんということで、時間があればランニングや自重を使った筋トレ、主に体感を鍛えることにし代謝が上がりやすく痩せやすいカラダ作りをしようとしている感じです。そしてもう一方で見直さなくてはならないのが食事かなと。仕事柄、どうしても外食に頼ってしまうため野菜不足や高カロリーなものばかりになりがちなので、そこを気をつけていかないとですが、時には仕事先の周辺にはファーストフード店やラーメン店しかないところもあるので、強制的にといっても良いほどそれらで腹ごしらえになってしまいます。
それでは夜6時以降は抜こうということですが、それでは夜中にお腹が空きすぎて気持ちよく睡眠ができないという悩みも出てきます。そこで思いついたのが「ニンジン」です。何故思いついたかというのは、アナと雪の女王を娘と見ていたときに、登場人物が美味しそうにニンジンをかじっていたからです。そんなニンジンはダイエットに効果はあるのか調べてみました。

ニンジンて凄い

ニンジンにはカリウムが多く含まれており、そのカリウムは体内にある余分な塩分を排出する働きがあります。このカリウムの働きにより、血液の循環が良くなる事が期待できるため代謝も助けてくれるのでダイエットにも効果的という事のようです。しかしニンジンは根菜類に含まれるため、野菜の中ではカロリーが高い部類になってきます。といっても、夜にラーメンやチャーハンなどを食すよりは断然良いし、胃も含めた内臓にも非常に優しい食べ物であることんは違いないようです。またダイエット中にありがちなのが免疫力の低下ですが、人参に含まれるカロテンは体の免疫力を高めてくれr7ので、体調を崩したことによるダイエットを諦めるということも抑制できるかもですね。また生のままにニンジンをかじれば噛む回数も多くなり、満腹感も得られて食べる量減らすことにも繋がるようです。

便秘はダイエットにつながる

女性の多くは代謝が悪く、便秘がちな人が多くいますが、この状態を結構甘く見てしまいがちな方も多い印象dす。便を長期間体内に溜めるということは、人間の生活で考えれば生ゴミをずっと室内に放置しているようなものですので、どれだけ不衛生で嫌な臭いを発しているかを理解できると思います。便は腸の中で溜まっていると、再度腸の血管から便の毒素も吸収されてしまうどころか便の中には有害な毒素が多く含まれており、野菜に含まれる農薬に関しても便に含まれているそうです。それを再度、腸内で吸収し体に循環されるということは身体とっては悪いことが想像できますね。その結果毒素滞留による、イライラ、不快、口臭、肩こり、冷え性などの症状が現れてしまうようです。ですから、普段便秘の人は出す機能も弱まっており、さらに毒素が吸収されやすい体質ですので便秘が改善されるまでは、極力体に良いものを食べ続ける方が良いということです。
 その中で便秘改善に良いのは食物繊維というのは一般論ですが、まさにそれが最良の手段になるようです。その中でもにんじんジュースは断食療法の権威の博士でさえ推奨されている野菜です。毎日飲むことによって、便通は改善され毒素も排出されやすくなり、毒素と取り入れないれない食生活になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「和食」と健康の繋がり

無形文化遺産に登録されている和食は、健康面でも素晴らしい料理です。

肩こりについて

私は無縁ですが、辛い人もいますね

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。