硬いパンを選ぼう

ふわふわと柔らかい食パンなどは噛まなくても食べられるため、噛む回数が少なくなってしまいます。また食事にかかる時間も短くなるため、満腹中枢が刺激されて満腹を感じる前に食べ終わってしまいます。そうなると食べた気がせず、もう1枚と食べてしまいカロリーを摂り過ぎてしまいます。さらにパンを摂りたい時は、おかずや野菜、スープと一緒に食べると太りにくい食事になります。

オリーブオイルをお供に

オリーブオイルには、不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸という成分が含まれており、オレイン酸にはダイエットに効果的な多くの効果があります。血液中のコレステロールを除去しすることで体の代謝量を上げ、痩せやすい体を作ることができますそしてコレステロール値を下げ、満腹中枢を刺激してくれる効果があります。満腹中枢が刺激されると少量で満腹感を得ることができ、食事の量を減らすことができます。その分摂取カロリーもカットすることができるのでダイエット効果が上がります。ダイエットにとても万能な成分で、脂肪の燃焼効果が期待できます。すでに溜まってしまった脂肪を燃焼させる働き、中性脂肪が体に蓄積されるのを事前に防いでくれる働きがあるなどオリーブオイルには嬉しい働きが多くあります。ダイエットにとても効果的な食材なので、フランスパンを食べる際にはオリーブオイルをかけて食べるようにしましょう。

スープをお供に

フランスパンはダイエットに効果的な食材ですが、パンだけでは栄養が偏ってしまいますし、満足感を得られず食べ過ぎてしまうことがあります。パンを食べる時は温野菜や野菜たっぷりのスープ、野菜ジュースを先に食べるようにしましょう。炭水化物であるパンを食べる前に食物繊維を摂ることで血糖値の上昇を緩やかにし太りにくくなります。
また先に野菜やスープを食べることで少量のパンでも満足感を得られるようになります。食物繊維を一緒に摂ることで脂質が体内に吸収されるのを抑える効果も期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

年度って?そもそも4月スタートの理由って何?

年度末と年って何?1月スタートが1年の始まりなのに4月が年度のスタートな訳で、一体この違いはなんのなのでしょ…

夏と言えば花火。オススメ花火大会ベスト3

6月も残すところあとわずか。2016年夏も始まります。夏といえば花火。2016年オススメの花火大会とは。

ダイエット中でも親子丼を食べよう2

この際自分で親子丼を作ってしまいましょう。ダイエットの色々な創意工夫が出来ます。

1家族一回限りの無料サンプル請求