理想の睡眠時間とは

理想の睡眠時間」は年齢によって変わるうえ、個人差もありるそうです。そのため、同じ時間眠っていても、睡眠不足になる人とならない人がいます。睡眠不足の解消には、自分に合った睡眠時間を知り、良質な睡眠をとることが大切なのです。

現代の医学では、個人に合った睡眠時間をすぐに算出する方法は、確立されていないそうです。しかし、自分に必要な睡眠時間を知るためには、自分の睡眠時間を記録することがポイントです。
長期休暇や連休など1週間ほど自由な日をつくり、目覚ましをかけず、眠くなったら眠り、自然に目が覚める時刻に起きるという生活をしてみます。そして、自分が何時間寝ていたかを記録すると、自分にとって必要な睡眠時間が分かります。

長期間休みを取れない場合は、「日中の眠気」を判断基準にしましょう。例えば、23時に眠って7時に起きる生活を1週間続け、日中に眠気が出るようだったら、睡眠時間を少し延ばし、また1週間…という生活を続け、眠くならなくなったら、それが最適な睡眠時間と考えるのが目安と言われてます。

いつも眠い人は要チェック

良質な睡眠は睡眠時間の長短に関係なく、起きたらすっきりとしている状態と言えます。
しっかり寝たのに「なんだかまだ眠い」と感じる時は、下記の理由が多くを占めています。

・夢の見る回数が多い
・トイレに何度も起きてしまう
・少しの物事でも目が覚めてしまう
・金縛りにあう

こうした状態は、基本的に「ノンレム睡眠が短い」か「深いノンレム睡眠に入れていない」事が原因です。
特に深いノンレム睡眠は一番細胞の修復が行われる時間なので、これがない事によって肌荒れ等が出てしまう事もあると言います。

快適な睡眠をとるには

・寝る前に軽いストレッチをする
・寝る前には食事をとらない。
・深酒をやめる
・寝る前にテレビやパソコンなどの電子機器や目に刺激を与えることをしない

などがあります。なるべく体に刺激を与えないようにすることが大事なんですね。
今日からでも素敵な快眠時間を送れるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

実は凄い健康効果がたくさんあった!みんなが知らないサウナの魅力

今、密かにサウナを頻繁に利用する、いわゆる「サウナー」が増えています。 私も最近では暇があれば、温泉施設へ…

アボガドの健康効果が凄い

栄養価が高い食べ物として知られている「アボカド」。あまりアボカドの国産物は世に出回っておらず、私たちがお店で…

寝不足と肥満な関係とは

実は睡眠不足が太る原因なの知っていましたか?

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。