アサイーとは

アサイーはブラジルのアマゾン地帯で育つヤシ科の植物。栄養価が非常に高いことから、”スーパーフルーツ”と呼ばれています。

ポリフェノールはワインの30倍、鉄分はレバーの3倍、カルシウムは牛乳の2倍、食物繊維はごぼうの3倍、ビタミンEはカボチャの2倍とアサイーひとつで様々な栄養素を補うことができます。

アサイーはブラジルでは昔から主食として人々に親しまれておりましたが、セレブリティやアスリートなど健康志向の高い人たちの間でアサイーブームが起きたことを発端に世界でその名が知られるようになりました。

食べ方としてはサラダやスムージー、ヨーグルトなどの乳製品と合わせて食されるのが一般的。バナナやクラッカーなどと混ぜ合わせて食べるアサイーボールもスタンダードな食べ方です。

味にクセがないため、様々なアレンジや組み合わせで楽しむことができるフルーツです。

効果とは

・目の健康を考える方にオススメです。

アサイベリーにはアントシアニンという目に良い成分が豊富に含まれています。その量は一般的に目に良いといわれる果物ブルーベリーよりも多く、ブルーベリーの約5倍の量のアントシアニンがアサイベリーには含まれています。
《アントシアニンの効果》
目の網膜にある紫の色素「ロドプシン」に光が当たって脳に信号が送られることによって「見える」と認識されます。光が当たるたびにロドプシンはビタミンAに分解され、再びロドプシンに再合成されます。目を酷使し、この再合成が追いつかなくなると、目がしょぼしょぼしたり、チカチカしたり、目の疲れを感じるようになるのです。
そこで、このロドプシンの再合成をスムーズにする働きをサポートするのが「アントシアニン」です。 アントシアニンを摂る事で、ロドプシンの再合成が活発になり、目の疲れ防止となるのです。

・ダイエット中の栄養バランスをサポートします。

また造血のビタミンといわれる葉酸も含んでおり、貧血防止にもなるため女性に嬉しい果物でもあります。

・貧血防止

アサイベリーには鉄分が多く、疲労回復にとても有効です。
また造血のビタミンといわれる葉酸も含んでおり、貧血防止にもなるため女性に嬉しい果物でもあります。

・健康サポート

身体のサビとも言われ、老化の原因でもある「活性酸素」。 その活性酸素を抑える効果がポリフェノールにはあります。 ポリフェノールを摂る事で若々しい身体つくりをサポートします。 そんなアンチエイジング成分であるポリフェノールがアサイベリーには 赤ワインの約30倍も入っているので、美容が気になるモデルさんや 芸能人などにもアサイーべりーは人気なのも納得です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

再ブーム。塩麹の効果

発酵食品ブームが起こる中で脚光を浴びた塩麹ですが、意外とこの塩麹とはどんなものでどんな特性があるかをご存じな…

さつまいもの力

ホクホクした食感と甘味が特徴的なさつまいも。焼き芋はもちろん、サラダやデザートなど幅広い料理に利用されていま…

雨が降ると頭が痛い!低気圧による頭痛はつらい

痛いね。低気圧の日は頭痛になりやすい。

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。