女子レスリング

ロンドン五輪までに、オリンピック競技全体で日本は130の金メダルを獲得しています。男女レスリング界は28個と20%強を占ていて、競技別の通算金メダル数では柔道の36個、体操の29個。3番目にレスリングと世界でも大活躍のレスリング。
本日8月17日から大注目なのが、メダル確実とも言われている、
フリースタイル女子48kg級の登坂絵莉選手。
フリースタイル女子58kg級の伊調馨選手。
18日にはフリースタイル女子53kg級の吉田沙保里選手。
五輪4連覇中のメダル獲得が期待されます。

女子バスケットボール

惜しくもアメリカに敗れてしまいましたが、まさに快進撃を続けているのが女子バスケットボール。
内海ヘッドコーチ率いる平均身長177.8㎝の大型チーム、でポイントガードでチームの司令塔吉田選手と192㎝長身を持つ海外で活躍している渡嘉敷選手中心にスピードの速い展開で海外勢に快勝しています。
今まであまり注目されていなかった女子バスケですが、これで日本国内、そして海外から注目されること間違いなし。
最後まで頑張ってほしい。

女子バドミントン

オグシオペア引退後、中々名前が挙がってこなかったバトミントンですが、
若手が高松ペアこと髙橋礼華選手・松友美佐紀選手が準決勝でも韓国ペアを破り見事、決勝に進出しています。
女子ダブルス決勝23:00から開始です。
決勝の相手は世界ランキング6位の
クリスティンナ・ペダーセン選手、カミラ・リターユール選手(デンマーク)になります。金メダル獲得まであと1試合!がんばれニッポン!



いかがでしたか?
まだまだメダルラッシュは続きます!
頑張ってほしいですね。

関連するまとめ

【初の日本展開】米国で500店舗展開する急成長ピラティススタジオ『CLUB PILA…

世界最大で米国500店舗展開する急成長ピラティススタジオ『CLUB PILATES(クラブピラティス)』を日…

歴史の古い競技種目でもある「レスリング」。日本選手は世界最高峰です。

紀元前9世紀頃、ギリシャで始まった古代オリンピック。 ゼウスなどオリンポスの神々に捧げる神事として行われてい…

ランニングを続けることのメリット

ランニングはやはり良いことばかりです。