寝る前の筋トレが効果的な理由とは?

効果的な筋トレの時間帯は「寝る前」とされていますが、その理由を知るためには筋肉が作られるメカニズムを正しく理解することが近道です。

人間の筋肉は適度なダメージを加え破壊すると再生しようとします。
正しいトレーニング方法と栄養摂取をしていれば、その再生の際に以前よりも「大きく強く」なろうとするのです。
こういった働きを利用して筋トレしていくことになりますが、人間の栄養吸収や回復力が活性化されるのは「眠っている間」となりますので、それがそっくりそのまま寝る前にトレーニングしたほうが良い理由となっています。

逆にトレーニングを控えたほうが良い時間帯は基本的に朝でしょうか。
これは一概には言えませんが、筋肉が回復しきっていない可能性の高い時間帯は避けたほうが無難ということになります。

筋トレにおける大きな勘違い!?

筋トレに関してあまり知識のない方がやってしまいがちなのが、「100回の腕立て伏せを毎日欠かさず」というようなやり方です。
この方法は目的がダイエットや健康増進のための運動であるのなら問題ありませんが、「筋肉を付けてたくましくなりたい!」という場合にはむしろ逆効果となってしまいます。

筋肉を付けてたくましくなりたいのであれば、回数ではなく負荷を増す必要があります。
目安としてはやっと10回できるくらいの負荷をかけて、その運動を3セット程度繰り返すことです。
セット間にはインターバルをとりますが短すぎても長すぎても良くありませんので、30秒から1分以内にしておくとちょうどよいでしょう。

そしてこの運動を毎日ではなく1日か2日程度の間をあけながら続けていくことが正しいトレーニング方法です。

精神的な要素が筋トレに関係してるって本当?

鍛え上げたい部位に負荷がかかると同時に、その部位に意識を集中させるようにして筋トレをすると、得られる効果が増すというお話を聞いたことはあるでしょうか。
これは有名なトレーニングのコツの一つであり、実際に多くの方が実践されています。

肉体と精神が密接に関わっていることは確実ですので、せっかく同じ筋トレをするのであればぜひ心がけておきたいところです。
精神を集中させることで鍛えたい部位の血流が促進されトレーニング効果が増すのです。

筋肉痛になってしまうくらい頑張りぬいたあとは十分なたんぱく質を補給しぐっすりと眠ります。
その間にダメージを受けた部分が再生することで筋肉は成長していきます。
筋肉へのダメージが残っている間は回復しきるまで、別の部位のトレーニングに励むとより効果的です。

関連するまとめ

2019年の土用の丑の日は7月27日ですよ!そして鰻の効果とは。

スタミナ食材の代表格で、土用の丑の日にも欠かせない鰻(ウナギ)。濃厚な蒲焼も美味しいですが、塩やわさび醤油な…

スポーツジムの種類と特徴まとめ

運動をはじめようと思っている方必見。どのスポーツジムに通えばいいの?

加圧トレーニングってどう良いの?

通常のトレーニングに比べて加圧トレーニングって何が良いのか?! そんな加圧トレーニングをオススメする理由は?…