ゾンビに追いかけられる!?「ゾンビラン」

巷にはさまざまなランニングイベントがありますが、その中でも変わっているものといえばゾンビランというランニングイベントといえるでしょう。

これは、走る側の人間と追いかける側の人間に分かれてランニングをするというものなのですが、追いかける側はゾンビのメイクや格好をして走る側の人間を追いかけることになります。

そして走る側の人間はベルト部分のリボンを3本つけており、これをゾンビにとられてしまうと失格となるランニングイベントになります。走る人間はゾンビにつかまらないようにひたすらゴールまで走り続けるというもので、スリリングなランニングを楽しむことが出来るのです。

このゾンビランはドイツのベルリンで行われているもので、ほかの国ではまだ浸透していないランニングイベントです。
日本にはいつやってくるでしょう?
スリル満点のこんなランニングイベントもおもしろそうですね。

障害物競走「R.O.Cレース」

海外ではR.O.Cレースというランニングイベントもあり、こちらは日本語にすると障害物競走になります。

R.O.Cレースは障害物競走なので、ゴールにたどり着くまでにさまざまな障害物を乗り越えていかなければならないランニングイベントであり、主に大人の方たちが参加しているイベントなのです。

具体的な障害物に関しては、滑り台や、ハードル、またぶら下がりポールでは、ポールにぶら下がって向こう岸まで渡らなければいけない障害物であり、増したには水があるので落ちてしまうとずぶ濡れになってしまいます。また無数の階段を上っていく障害物もあり、ウォータースライダーを滑ったりする障害物もあるのです。

基本的に水を使った障害物が結構あるので夏向きのランニングイベントであるといえるでしょう。

暗闇で光る!「ネオンスプラッシュダッシュ」

通常ランニングといえば昼間や早朝などに行うものですが、夜に行うランニングイベントもあります。
それはネオンスプラッシュダッシュというランニングイベントであり、海外ではやっているランニングイベントなのです。しかし、普通のランニングイベントとは異なり、ペイントを施してランニングをします。

ペイントは通常のペイントではなく暗闇で光るネオンペイントを施しているので、走っている姿が非常に面白いランニングイベントなのです。

また、ネオンスプラッシュダッシュは暗闇で光る蛍光グッズなどを持ったり装着したりして、ランニングをするイベントです。
光が暗闇の中を動いているように見えてしまう非常に斬新なランニングイベントで、現在はアメリカで行われており、まだほかの地域にはあまり浸透していないイベントです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

マラソンの効果的なトレーニング方法

今まであまり走ったことがない、あるいは体力に自信がなくて走るとすぐ息切れをするといった初級者がいきなり無理な…

10連休は <子どもと一緒にアウトドア体験>を!親子のそとあそびに特化した「そとあそ…

株式会社そとあそびは、親子専門のアウトドアレジャー予約サイト「SOTOASOBI KIDS(そとあそびキッズ…

二つの新規コンテンツで更にパワーアップ!スポーツ複合施設「晴れのち晴れ」にボルダリン…

パデル&フットサル 晴れのち晴れは、「ボルダリング」と「BBQ」の二つの新規コンテンツを2019年3月1日よ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。