世界ではメジャースポーツ「クリケット」

クリケットは、英国、オーストラリア、インド、南アフリカ、西インド諸島などの英連邦諸国を中心に大人気で、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位と言われています。特にインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなどの南アジア諸国では、圧倒的な人気を誇り、トップ選手の年収は30億円を超えるそうです。

クリケットの世界最高峰の大会は、4年に1度開催されるワールドカップで、数億円の年収を稼ぐスーパースターたちが、10万人規模のスタジアムで、壮大で華やかな舞台を繰り広げます。テレビの視聴者数は、15.6億人に上り、単独のスポーツイベントとしてはサッカーに次ぐ規模なんだとか。

日本でもジュニア世代を中心に競技人口が飛躍的に増加し、全国で様々な大会が毎週のように開催されています。

クリケットのフィールドと攻守のルール

クリケットのフィールドは中央にある縦長のピッチと呼ばれる場所が試合の中りますります。フィールドには高さ71cmの3本の杭とそれを繋ぐベイルが刺さっており、これをウィケットと呼びます。

ピッチは20.12mある2本のウィケット間と幅2.64mのエリアからなり、この範囲で投球が行われます。全体の大きさについては長径60m、短径40mほどの広さがあれば試合を行う事ができるそうです。

通常1チームは11人で構成され、先攻、後攻をコイントスによって決めます。

守備側のチームはボウラーと呼ばれる投手が1名、それを受ける役目のウィケットキーパーと呼ばれる捕手が1名、そしてフィールドを守るフィールダーと呼ばれる野手が9名の構成。

攻撃側のチームは1番から11番までの打順を決め順番に打ちます。その際、1番と2番打者が配置につき、3番打者以降の選手はベンチで順番を待つ。フィールド上の打者をバッツマンと呼び、ボウラーのボールを打つ選手をストライカー、その反対側でランナーとなる選手をノンストライカーと呼びます。

攻撃のルール

攻撃側の選手は打者に立った時に必ずしもボールを打たないといけないということはなく、アウトにならないために、ボールを打たずに見送る事もできます。

また、投球のボールがウィケットに当たる事を阻止したり、ブロックしたりするだけの攻撃も可能。

ボールを打つ方向は360度どの方向でもよく、得点を取るために、なるべく遠くまでボールを打ち、打った後は2人のバッツマンが相手側のウィケットの方向まで走り、ウィケットの前に引いてある安全線に到達すると1ランが入り、往復をするほど得点が入ります。

守備のルール

投手であるボウラーはウィケットの後方から助走をつけてボールを投げます。この際、肘は伸ばし、攻撃側のウィケットを目掛け、ワンバウンドさせて投球をしないといけません。これを6球投球する事で1オーバーとなり、ボウラーは交代となります。

交代したボウラーは今度は反対側のウィケットから投球し、これを繰り返します。交代したボウラーは総オーバーという10オーバー60球までしか投球できないため、1チームで最低でもボウラーは5人必要となります。

攻撃側が10人アウトになるか、または50オーバーを投球し終えた時点でイニングは終了し、攻守を交代となります。

クリケットにおいて、攻撃側をアウトにするには、

1つめはボウラーの投球でウィケットが倒された場合。

2つめは、打者の打ったボールがノーバウンドで捕球された場合。

3つめは、バッツマンが走っている最中に捕球したボールが送球によりウィケットに戻ってきて倒された場合。

4つめは、ウィケットが倒されアウトになり、次のバッツマンが3分以内に準備して構えが出来ていない場合。

5つめは、打者がバットを握っていない状態でボールに触れた場合に反則と見なされた場合。

6つめは、ウィケットをバッツマンが自ら倒してしまった場合や足に触れてしまった場合。

など、こういったルールによってアウトになります。

関連するまとめ

来月の9月にはこんなにも〇〇の日がありますよ!その12

9月にはいろんな記念日があります。 色々な協会などが定めている記念日。 どんなものがあるか。面白い記念日があ…

知っていましたか?10月20日はこんな〇〇の日があります!

さぁ10月です。 令和元年の2019年も残り3ヶ月となりました。 10月22日は「即位礼正殿の儀」で祝日です…

日本とはちょっと違う!?世界各国のクリスマスの過ごし方を覗いてみよう!パート③

海外ではどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。 知っていそうで知らなかった日本とは違う習慣や、 各国で…

関連するキーワード