プロ野球のAクラスとBクラスとは

一般的に、プロ野球のリーグ戦は複数のチームが参加して行われますが、これらのチームこそAクラスとBクラスです。

AクラスとBクラスは成績に応じてランク付けが行われ、6チームのリーグにおいては、上位3チームがAクラス、下位3チームがBクラス となります。リーグ戦の終了時点で、各チームの勝率が高いチームがAクラス、低いチームがBクラスです。

Aクラスに入れば

Aクラスに入ると、クライマックスシリーズ進出の権利を得られます。

クライマックスシリーズとは、リーグ優勝を決めるプレーオフシステムのことです。セ・リーグとパ・リーグの各3チームが参加します。そのため、Aクラスに入ることは、チームとしての評価を上げるだけでなく、リーグ優勝や日本シリーズ進出のチャンスを得ることにつながります。

Bクラスには特別メリットはありませんが

Bクラスになると、クライマックスシリーズ進出の機会はなくなりますが、 自身の調整を行えるのがメリット と言えるでしょう。

Bクラスとなったチームは、次のシーズンに向けてチームの弱点を洗い出し、選手の成長や新たな戦略の構築に注力します。また、ファンやメディアの期待が高まらないため、プレッシャーが少ない状況で再建を進めることもできるでしょう。

関連するまとめ

東京ヤクルトスワローズの平成のドラフト1位を振り返る!平成元年〜平成10年編

5月に新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代の…

プロ野球で採用されている「予告先発」とは

プロ野球で採用されている「予告先発」制度についてご紹介します。

大谷とホームラン王争い中のゲレーロJr。三冠王にも挑戦中

ホームラン争いもありますが、3冠王の可能性もありますよ。