みなさんは後楽園ホールに行ったことはありますか?。
名前を聞いたことはけど、実際に行った方は少ないのではないでしょうか。
よく後楽園ホールでは格闘技など行われているイメージですよね。
今回はそんな後楽園ホールの歴史を少しですが、
紹介したいと思います。

後楽園ホール

後楽園ホールは、東京都文京区後楽に所在する多目的ホールです。1962年4月16日に開館し、プロボクシング、プロレス、格闘技、コンサート、演劇、イベントなど、様々なイベントが開催されています。

後楽園ホールは、日本プロボクシング協会の本部が置かれていることもあり、日本プロボクシングの聖地として知られています。また、プロレス団体「新日本プロレス」のホームアリーナとしても有名です。

後楽園ホールは、収容人数16,000人となっており、日本最大級の多目的ホールです。また、音響や照明設備が充実しているため、様々なイベントに適したホールとなっています。

後楽園ホールは、日本を代表する多目的ホールであり、様々なイベントが開催されています。後楽園ホールで開催されるイベントを観戦することで、日本独特のエンターテイメントを体験することができます。

ボクシング

後楽園ホールは、日本プロボクシング協会の本部が置かれていることもあり、日本プロボクシングの聖地として知られています。1962年の開館以来、数多くの名勝負が繰り広げられてきました。

1963年5月1日、後楽園ホールで行われた、白井義男vs.エディ・ファルコ戦は、日本プロボクシング史上初の世界タイトルマッチでした。白井義男は、この試合で勝利し、日本初の世界チャンピオンとなりました。

1964年11月25日、後楽園ホールで行われた、ファイティング原田vs.エディ・ギボンズ戦は、日本プロボクシング史上初の東洋王座統一戦でした。ファイティング原田は、この試合で勝利し、東洋王座を統一しました。

1974年6月26日、後楽園ホールで行われた、輪島功一vs.バーニー・ロバーツ戦は、日本プロボクシング史上初の世界タイトル防衛戦でした。輪島功一は、この試合で勝利し、世界タイトルを防衛しました。

プロレス

後楽園ホールは、プロレス団体「新日本プロレス」のホームアリーナとしても有名です。新日本プロレスは、1972年に後楽園ホールで旗揚げ戦を開催しました。その後、後楽園ホールは、新日本プロレスのホームアリーナとして、数多くの試合が行われてきました。

1972年12月3日、後楽園ホールで行われた、アントニオ猪木vs.坂口征二戦は、新日本プロレスの旗揚げ戦でした。この試合は、新日本プロレスの歴史に残る名勝負となりました。

1974年4月23日、後楽園ホールで行われた、アントニオ猪木vs.タイガージェットシン戦は、新日本プロレスの「夢の対決」となりました。この試合は、新日本プロレスの人気を確立するきっかけとなりました。

関連するまとめ

寒い時期に入ると身体中が痒くなるあなたへ。かゆみの原因と対処法をしっかり把握しておき…

冬は乾燥が気になる季節。肌が乾いてカサカサしたり、かゆみが出たりといった乾燥肌トラブルに悩む方も多いのではな…

打撲の応急処置

衝突や転倒などの強い衝撃によって、筋繊維や血管が損傷することを打撲といいます。打ち身とも呼ばれ、サッカーやラ…

日本にはこんなにも世界遺産の認定されているところがあったとは!パート⑦

国内旅行に行く先で、世界遺産を目にすることも多いと思います。 これを読んでおけば、どこにどんな世界遺産がある…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?