みなさんは水素水をご存じでしょうか。
スポーツクラブなどでは、ほとんどの店舗で水素水サーバーが置いてありますね。
しかし、そんな水素水ですがどんな効果があるのでしょうか。
今回はそんな水素水について少しですが紹介したいと思います。

水素水

水素水とは、水に水素を飽和状態まで溶かした水のことで、水素ガスを溶かし込むかもしくは電気分解によって水中に水素を発生させる「中性水素水」が一般的です。ほかにもアルカリ金属を水に溶かしてつくる「アルカリ水素水」や、水素ガスをイオン化して、水の中でプラスイオンとマイナスイオンを発生させる「電離水素水」もあります。
水素は、抗酸化作用や抗炎症作用、細胞の延命、エネルギー代謝の向上に効果を発揮することが分かっています。基礎実験や動物実験にとどまらず、臨床試験や実際の医療現場でも水素を用いた治療が行われている事例もあり、医学的にも安全で有効であると認められてきています。近年では、美容やアンチエイジングの分野でも注目されている成分です。
水素はもともと気体であるため、体内へ取り入れるために考えられたものが水素水です。水素水は、乱れた食生活やストレス、喫煙などで増える活性酸素を取り除く働きがあるといわれています。体内の活性酸素を抑える効果、すなわち抗酸化作用が期待できます。
活性酸素を除去することで、アンチエイジングや脳機能の向上、生活習慣病の予防が期待できます。また、血流を改善する働きによって、免疫力を高めたり、心筋梗塞などの命にかかわる病気を予防したりする効果も期待できます。また、肌荒れの改善にも有効であるといわれています。体の各器官への効果はもちろん、肌への効果も期待できるため、水素が入った化粧品も販売されています。また、認知症や神経性疾患などの脳疾患、高血圧、ガン、花粉症、アトピー、糖尿病など、活性酸素が原因のひとつであるといわれる症状の改善にも、水素水が有効であると考えられています。

水素水の効果

■水素水の働き
水素水には、高い抗酸化作用があることが最近の研究からも分かっています。現在確認されている水素水の効果は、抗炎症作用、抗アレルギー作用などの免疫力を高める効果や、学習・記憶力の向上、またエネルギー代謝を高めることによるダイエットの効果などが挙げられます。そのほかにも、心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞、パーキンソン病、リウマチなど、生活習慣病や老化を原因とした症状の予防や改善に有効であるといわれています。

■活性酸素を除去する効果
水素水は、普段の生活で増えた活性酸素を取り除く働きがあるといわれています。その結果、抗炎症作用、抗アレルギー作用、エネルギー代謝を高める働き、心筋梗塞や動脈硬化、学習・記憶力の低下予防、パーキンソン病、リウマチ、脳梗塞など、生活習慣病や老化を原因とした症状の予防や改善に有効であるといわれています。

■記憶力や学習能力を高める効果
水素水の浸透力は普通の水に比べて高いため、体内に素早く吸収され、活性酸素を取り除いてくれます。血液の流れを良くし、脳の活性酸素を除去することで、頭がすっきりして、記憶力や学習能力の向上が期待できます。動物実験では、中性水素水を摂取すると、ストレスによる学習能力や記憶力、筋力などの低下を抑制することが明らかになっており、脳内の活性酸素の増加が抑えられることもわかっています。

■血流を改善する効果
水素水には血液をさらさらにする効果が期待できます。日々の生活の中で活性酸素が増えると、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになることで、血行が悪くなるだけでなく、ドロドロになった血液が詰まれば、命にかかわる病気を発症させる危険性もあります。水素水を摂ることで、血液の流れを改善し、免疫力の向上や心筋梗塞などの命にかかわる病気を予防する効果も期待できます。また、人間でも動脈硬化や軽度の糖尿病の改善が見られたという報告もあります。

■美肌効果
水素水には高い抗酸化作用があります。紫外線やストレスなどで増えた活性酸素は細胞を傷つけ、しわやシミの原因になってしまいます。皮膚モデルを使用した研究では、水素水を肌に塗ることで紫外線によるメラニン生成を抑制してくれる効果が見られました。他にもコラーゲンの生成を促し、美肌効果が期待できます。

関連するまとめ

埼玉県の地ビール「コエドビール(COEDO)」

COEDOビールは、職人達が醸し出すビールの確かな技術と味わいを強みとし、日本のビール業界では初となるクラフ…

知っていれば自慢できる?7月18日は〇〇の日!

2020年も下半期に入りました。 あっという間に1年の折り返しです。 色々あった上半期でした。 さぁ。切り替…