第1回静波パラサーフィンフェスタ

静岡県牧之原市の静波サーフスタジアムにて7/10(日)に「パラサーフィンフェスタ」が開催されました。第1回開催となった本イベントには、関連する各団体も集結し、一般の観覧者も含めて450名以上が来場。様々なイベントも実施され笑顔が溢れたイベントとなったそうです。
開催にあたっては、クラウドファンディングを通じて500万円以上の支援額が集まり、牧之原市や日本サーフィン連盟も後援。
イベント当日は障害レベル別の競技大会や障害者向けのサーフィン体験会を実施。ゲストプロサーファーらによるエキシビジョンや東田トモヒロのアコースティックライブも行われ、大盛り上がりとなったようです。

米国のリブ・ストーン選手

ボードを優雅にチューブの中に入れ、完璧に波に乗る。その動きを、彼女は2028年のロサンゼルスパラリンピックでもぜひ披露したいと考えている。
3回目の優勝を目指す世界パラサーフィン選手権(World Para Surfing Championship)の会場で19歳のストーンは、4年に一度のグローバルなスポーツの祭典に出場できれば「夢がかなう」と話したそです。
両腕の前腕から先がなく、手も未発達な状態で生まれたストーンは、2017年にサーフィンと恋に落ち、今はサーフィンがロスパラリンピックの実施競技として採用されれば、他の人もこのスポーツの美しさに気づくはずだと考えている。
さらにストーン選手は「自分がもっと大きな何かの一部だと感じているし、水の中では差別を感じることもない」と話し、「私と、ここで戦っているみんなに共通するのは、全員障害があること。海ではみんなが一つになった感じがするし、おかげで落ち着いた気持ちになれる」と述べたそうです。

関連するまとめ

有酸素運動で得られる効果とは

ジョギングやウォーキングをする方も多いかと思いますが、ダイエット以外にも多くの効果が得られます。 今回はその…

中々運動は続かない?運動を継続させる方法とは?まずは30分程度を目安に!

運動に限った話ではありませんが、継続するには長時間ダラダラと行うよりも短時間で。 集中して取り組むことがとて…

ロンドン生まれのインドアラケットスポーツ!スカッシュ

日本では、学生の大会も盛んになり全日本学生スカッシュ選手権大会、関東学生スカッシュ選手権大会などが実施されて…