スポーツ貧血とは

スポーツ貧血は、サッカーやバスケットボール、バレーボールのように、ストップ&ダッシュを繰り返すなど、激しい運動をする人に起きやすい貧血の症状です。激しい運動をすると心拍数が上がり汗も出やすくなります。その結果、汗によって鉄分が失われ、貧血が起きやすくなるようです。

貧血によるパフォーマンスの低下も見られることがあり、また鉄分が減ると脳の働きが低下し、怒りっぽくなることもあるそうで、スポーツ時だけでなく日常生活に影響を及ぼすこともあるそうです。

スポーツ貧血を予防するには

鉄分の補給

貧⾎を予防するため、日ごろから赤血球・ヘモグロビンを作るための鉄・亜鉛・葉酸・ビタミンB12などの栄養素をバランスよく、食事から摂るように心がけましょう。

運動時に気を付けること

スポーツ貧血の予防として鉄分の摂取に加えて「ドタドタ走らないこと」「相手との激しい接触プレーを避けること」の2点があるそうです。

走るときに地面に何度も強い力でかかとを打ちつけることで、血管がもろくなります。その結果、溶血が起こり、貧血へとつながります。特に子どもに場合、血管は収縮しやすくもろいので、そこに微量元素やビタミンCなどが不足するとぶつかったときに血が漏れ出やすくなります。それが原因で貧血になることがあるので、足を地面に何度も強く打ちつけたり、相手選手と激しくぶつからないようにプレーすることが、結果として貧血の予防になるようです。

関連するまとめ

しっかり食べて、冷えを撃退!食事が握る冷え性改善効果

ご飯を食べると身体が熱くなったり、食べ過ぎるとどっと疲れたりすることがありますが、ここに食事によって冷えを解…

この時期はカニですよね。カニの効果とは。

ホクホクとした食感とジューシーなうまみが味わえる身、磯の香りがたっぷりのミソ部分。日本人にカニ好きが多いのも…

今流行りの、ごぼう茶が凄い!?

お茶と言えば、緑茶やコーヒーや紅茶などが一般的ですがある野菜がお茶として流行っていることはご存知でしょうか。…

関連するキーワード