筋肉量とは、人の体の中の筋肉の”重さ”のこと。

人間の体は、「筋肉・脂肪・骨・水分」などで構成されています。筋肉は体の中で、心臓を動かしたり姿勢を保ったりするために、重要な働きをしている体組成で、筋肉があるからこそ人間は生きていられます。

そして、健康を維持するため、ボディラインを保つためにも、筋肉は必要です。

年齢別男女別平均筋肉量

筋肉率は年齢によっても変わってきます。年齢別の平均値をご紹介します。

【20代】男性:44%、女性:39%
【30代】男性:37%、女性:37%
【40代】男性:34%、女性:33%
【50代】男性:31%、女性:30%
【60代】男性:29%、女性:26%
【70代】男性:25%、女性:23%
平均値を見てみると筋肉率は年齢が若い方が高く、歳を重ねるごとに平均値も低くなっているのが分かるかと思います。これは、男性に限らず女性にも見られる動きです。

女性は、男性に比べて脂肪が多くなりやすいため、若干数字は低くなります。

筋肉量の計算方法

体重が60kg、体脂肪が18%の人を例に、具体的に筋肉量と筋肉率を計算してみましょう。

① 体脂肪量を計算します。

60kg × 18% = 10.8kg

② 体重から体脂肪量をひきます。

60kg − 10.8kg = 49.2kg

③ 筋肉量を計算します。

49.2kg / 2 = 24.6kg

④ 筋肉率を計算します。

24.6kg / 60kg = 0.41 = 41%

筋肉率を計算できたら、自分の筋肉率は低いのか高いのかを知りたくなりますよね。

【低】
男性:30.9%以下、女性:25.9%以下
【標準】
男性:31.0〜34.9%、女性:26.0〜27.9%
【やや高】
男性:35.0〜38.9%、女性:28.0〜29.9%
【高】
男性:39.0%以上、女性:30.0%以上
上記が筋肉率の高い低いを判定するおおよその基準になります。筋肉量が平均以上あり、筋肉率も問題なければ、あなたの体型は健康的な体型と言えるでしょう。

関連するまとめ

サーキットトレーニング

脂肪の燃焼や基礎代謝をアップする効果も。

夏直前!最新トレンドフィットネス情報

夏本番に向けてフィットネスクラブで体を引き締めよう!でもただのフィットネスクラブじゃ物足りないという方のため…