シーズン前に契約延長がまとまなければ、シーズン中の交渉はしないとキャンプ前に語ったジャッジ。
キャンプ中で契約はまとまらず、今シーズンのオフにヤンキース含め多くの球団と交渉することとなるでしょう。

今シーズの成績がシーズンオフの契約に大きく影響することなか、今のところ絶好調なシーズンを過ごしています。

シーズン60本以上のペースでホームランを放つ

大事なシーズンとなっているジャッジですが、現在シーズン60本以上のペースでホームランを重ねており、5月30日現在でホームラン18本と打ちに打ちまくっています。
ジャッジのホームランキャリアハイは2017年シーズンの52本ですが、それを上回るペースとなっています。

またホームランだけではなく打率もキャリアハイを更新する成績で.309を記録しています。
キャリアハイが.287ですので、キャリアハイと同時に3割を超える成績を残せる可能性もあります。

出典:YouTube

どんな契約になるのか

報道ではキャンプ中に、ヤンキース7年2億1350万ドルのオファーしたそうですが、ジャッジサイドが首を縦に振らず契約延長となりませんでした。

この契約内容でまとまらなかったジャッジサイドが求めるのどこになるのでしょうか。
ヤンキースのオファーだと年平均3050万ドルになりますが、今シーズンキャリアハイとなる成績を残すことなれば、年平均年俸のあがるオファーも考えられ、さらに複数の球団によるマネーゲームとなれば8年総額3億ドルを超える契約も考えられます。

今シーズンのジャッジの成績。
そしてオフのFA戦線も非常に注目となりそうです。

関連するまとめ

その地域のライバル校同士の熱い戦い!日本各地の「◯○の早慶戦」を観に行こう!

日本各地に早慶戦のようにその地域のライバル校同士の戦いが繰り広げられる伝統の一戦が多いです。

4月18日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月18日のプロ野球結果です。 広島カープサヨナラ勝ち。菅野選手の完封勝利。岩貞選手今季初勝利。

日米野球開催中の今だからこそ2002年の日米野球を振り返ってみる

初開催が1908年と意外に古くから行われている日米野球。 その中でも、私の記憶に残っている、2002年の日米…