はじめに

プロ野球の球場では、プロ野球の試合が使われる他に違う競技が使われたりもしますね。東京ドームや阪神甲子園球場では、アメリカンフットボールの試合が行われたりもします。札幌ドームは野球のグラウンド自体が、サッカーグラウンドと入れ替わる構造になっていますね。このように兼用まではいきませんが、野球以外に使われるのは、アメリカのメジャーリーグでもそうですね。今回は過去に兼用球場として使われていた、グレート・アメリカン・ボール・パークを紹介したいと思います。

グレート・アメリカン・ボール・パーク

グレート・アメリカン・ボール・パーク(Great American Ball Park)は、アメリカのオハイオ州シンシナティにある野球場。アメリカメジャーリーグのシンシナティ・レッズのホーム球場ですね。
レッズとNFLシンシナティ・ベンガルズは2002年シーズンまでリバーフロント・スタジアム(野球とアメリカンフットボール)を共用の本拠地としていました。
アメリカメジャーリーグ30球団あるチーム数でシンシナティ・レッズだけが、唯一日本人選手が在籍したことのないチームですね。
黄金期の1970年代、レッズは「ビッグレッドマシン」と称され、メジャーリーグのなかでも圧倒的な強さと人気を誇ったチームでしたね。

特徴

またファウルゾーンが狭く、右中間や左中間にふくらみがないのでホームランバッターに有利となっています。また、芝が長く、内野ゴロを打たすのに有利ですね。
右中間スタンドに2本の煙突が設置されており、レッズの選手がホームランを打ったときなどに花火が打ち上げられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ブッシュ・スタジアム

セントルイス・カージナルスの本拠地

高校野球名門校列伝〜浦和学院編〜

高校野球名門校シリーズ第三弾は、私の地元埼玉の強豪・浦学です。

カープびいきvol.15 6月8日 日本ハムファイターズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。