蜂に二回刺されると死んでしまうと昔から言われてきましたね。
なぜ蜂に二回刺されると死んでしまうのかまでは、理解出来てない人もいるかと思います。

今回は蜂に二回以上刺されると起こる、アナフィラキシーショックと言う症状があります。
こちらを少しですがどんな事が体に起こるのかを紹介したいと思います。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、何かしらのアレルゲンなどに対して全身性のアレルギー反応が引き起こされてしまい、血圧の低下や意識状態の悪化が出現した状態を指します。

アナフィラキシーショックが生じた際には、迅速な治療が必要です。
また、一度アナフィラキシーショックを起こしたことがある方は、再度同じ原因物質に暴露されることで同じように非常に重い症状を起こすことがあります。

アナフィラキシーショックは、ハチの毒や、ある種の薬剤、食物など、アレルギーを起こす物質に体が暴露されることで発症します。
アレルギー反応を起こす可能性がある物質として、下記があげられます。

病状

アナフィラキシーショックを起こすと、全身各所にさまざまな症状が現れます。
全身にじんましんが生じたり、咳や喘鳴ぜんめいが生じたりします。
消化器症状として、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛が生じることもあります。
さらに、口腔粘膜が腫れてしまい、空気の通りが悪くなることから、呼吸困難を生じることもあります。

全身の血圧や意識状態も低下し、短時間のうちに死に至ることもあります。
原因となる物質に暴露されてからアナフィラキシーショックに至るまでの時間は、体質や体調などによって異なります。

しかし、ハチ毒によるアナフィラキシーショックの経過は特に早い傾向があり、蜂に刺されてから数分の経過で心停止に至ることもあります。

治療

アナフィラキシーが起こってしまった場合には、その症状を抑える薬が必要となります。
アナフィラキシーの症状を抑える薬として、速効性があり効果も高いアドレナリンの筋肉注射が第一に選択されます。

このほかにじんましんや痒み、鼻水を抑えるための抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)や、遅れてでてくる症状を予防するためのステロイド薬などの飲み薬を一緒に使用する場合もあります。

またアナフィラキシーの症状は一旦治まったように見えてから再び症状がでてくる可能性(二相性反応)もあるため注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

寝苦しい夜!夏の夜はエアコンを上手に活用しよう!

いくら暑くても、冷房は身体に悪い感じがして、エアコンはつけない派でしたが、夏の夜はエアコンつけっぱなしの方が…

寿司のなかでも人気の食材で高級品のひとつ「ウニ」。その効果とは

寿司ネタでも最上級とされる「ウニ」は、日常的には滅多に食卓に上らない高級食材。

健康的な身体作りに!お子様から高齢者までオススメの乳製品「チーズ」

乳製品は身体作りの上で欠かせない栄養素を豊富に含んでいますが、中でも「チーズ」はお子様から高齢者の方まで多く…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。