寝る前の「読書」のメリット

本を読む、、、デメリットなんてあるんでしょうか。良いことしか思い浮かびませんね。読書をすることで、大脳の活性化され、さまざまな効果が得られます。漢字や文法に詳しくなる、知恵が増える、想像力が鍛えられる、関心や興味の幅が広がる、視野が広がる、今後に役立つ情報を得られる、考える力がつく、アイデアとしても活かされるなど、もういいことだらけですよね。これが寝る前の読書となると、どんなメリットがあるのでしょうか。

記憶力の向上!

寝る前に頭に入れた情報は、脳に記憶が定着しやすくなるそうで、医学的にも証明されているようです。寝る前の勉強がいいと言われているのも、この記憶効果が理由なんだそうです。

ストレス軽減と精神的安定

読書には、コーヒーや散歩などといったストレス解消法より遥かにストレスを軽減させる効果と、心を落ち着かせ、精神を安定させる効果があるそうです。驚きですね。読書からの睡眠で1日の疲れをリセットすることができるんです。

よく眠れるようになる!

寝る前に読書をすると深い眠りを得られ、起床時の睡眠への満足感も上がるそうです。夜なかなか寝付けないときに本を読むのも良さそうですね。

寝る前に本を読む際に注意すること!

寝る前に本を読むことで多くのメリットがありますが、注意しなければならないこともあります。

まずは電子書籍は避けましょう。スマホやタブレットなどの端末から発するブルーライトは、自然な眠りを促すメラトニンというホルモンの分泌を抑えてしまい、寝付けない原因になるそうです。同じ理由でスマホも控えましょう。

長時間の読書も控えましょう。紙媒体の読書でも暗いところで長時間読書をしていると本と目との距離が短くなり、視力の低下や近視の原因になり兼ねません。読書は10分でも効果があるので、目に疲れを感じたら読むのをやめると良いでしょう。

脳が興奮するような、例えばホラー小説などは寝付きに影響する可能性があります。寝る前は、リラックスできるような内容の本を選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

身近な食品でシミ予防!?

曇りや雨の日が続くと、つい紫外線ケアを忘れてしまいがちですが、曇りでも室内でも関係なく、紫外線は降り注がれて…

夏バテはこの食材で乗り切ろう!

最近疲れやすい。体がだるい。食欲が沸かない。頭痛やめまいがする。 もしこんな症状が現れたとしたらそれは夏バテ…

なぜインフルエンザは夏ではなく冬に流行るのか

今年もまた、インフルエンザの季節がやってきましたね。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。