登り切った回数を競う「ボルダリング」

「ボルダリング」はロープを付けない種類のフリークライミングで、スポーツクライミングの場合は高さ4~5m程度の壁において4~8手ほどのコースを登ります。ボルダリングの成績は「いくつのコースを登ることができたか(コースを最後まで登り切ることを「完登」と言います)」と「完登に何トライを要したか(トライのことを「アテンプト」と言い、少ない方が順位が上です)」の順番で決まります。つまり、より少ないアテンプト数で多くのコースを登ることができた選手が上位となるのです。

 さらに「完登コース数」「完登に要したアテンプト数」が同じ選手がいた時のために、コースの途中には「ゾーン」というホールドが設定されていて、「ゾーン獲得数」「ゾーン獲得に要したアテンプト数」も成績に反映されます。

 予選、準決勝、決勝があり、予選では5本、準決勝と決勝では4本のコースが用意されます。競技時間は予選と準決勝は各コース5分間、決勝は各コース4分間です。また他の選手の競技は見ることができません。
 
 予選と準決勝は「ベルトコンベア方式」と呼ばれ、選手は初見のコースに対して「5分間の競技」と「5分間の休憩」を交互に繰り返し、すべての競技を終えます。選手が次から次に登場するさまがベルトコンベアのように見えることから名前が付きました。決勝は「ワールドカップ決勝方式」と呼ばれ、すべての選手で各コース2分間の下見(「オブザベーション」と言います)を終えた後、1つのコースに対して全選手が競技を終えた時点で揃って次のコースに移ります。

登る高度を競う「リード」

「リードクライミング」はクライマーが自身に繋がれたロープを支点にかけていくことで安全確保しながら登る種類のフリークライミングで、スポーツクライミングの場合は高さ12m以上の壁で、最大60手程度のコースを登ります。リードの成績は「どの高さまで登ることができたか(「高度」と言います)」で決まります。

 予選、準決勝、決勝があり、予選では2本、準決勝と決勝では1本のコースに1回ずつのみトライでき、競技時間は6分間です。予選ではあらかじめ競技のデモンストレーションを見ることができますが、準決勝と決勝では進出選手全員でオブザベーションをし、他の選手の競技を見ることはできません。到達高度が同じだった場合は、前のラウンドでの上位選手が上の順位となる「カウントバック」が適用されます。それでも互角だった際は、表彰台にかかわる場合のみ、落下するまでの競技時間が短い選手が上位に、完登で並んだ時はより速く最終支点にロープをかけた選手が上位となります。

登る速さを競う「スピードクライミング」

「スピードクライミング」はロープがあらかじめ終了点からかかっている状態で登りスピードを競うフリークライミングで、スポーツクライミングの場合は高さ15mの壁に設定されたコースを登ります。使用されるコースは世界統一で予め選手に知らされているため、事前に練習をすることができます。スピードの成績は「どれだけ速くゴールまで登ることができるか」で決まります。

 予選と決勝トーナメントで行われ、予選では同一コースが設置された2つの壁でそれぞれ1トライの計2トライ、決勝トーナメントではどちらかの壁で競技をします。予選は2トライのうち速い方のタイムを使用することができ、予選参加者の上位16人が決勝トーナメントに進出します。決勝トーナメントは2人の選手が並んで競技していき、タイムの速い選手が勝ち上がっていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

歴史の古い競技種目でもある「レスリング」。日本選手は世界最高峰です。

紀元前9世紀頃、ギリシャで始まった古代オリンピック。 ゼウスなどオリンポスの神々に捧げる神事として行われてい…

選手たちを勇気づける!オリンピック名テーマソング3曲

オリンピックの中継を盛り上げるテーマ曲。 その中でも選りすぐりの3曲をご紹介します。

世界が唖然…スポーツで起こった驚愕の番狂わせ

誰もが予想だにもしていなかったチームがまさかの大番狂わせで勝ち上がり、決勝戦で戦う、なんてことが起こるのがス…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。