JAF「新しいドライブのカタチ」について

緊急事態宣言が解除されると、車での移動やドライブは増えると考えられます。しかしコロナ禍で日本、そして世界の生活様式が大きく変わった今、ドライブに対する考え方も変化させる必要があります。本サイトでは、コロナ禍でのドライブの意識や状況について、全国5,000名以上にアンケートを行い、その回答からドライブに対する意識や傾向を分析。日本国民がドライブについてどう考えているのか、どう行動しているのかを、分かりやすく可視化した「新しいドライブのカタチ」を公開されています。

JAF担当者コメント

新型コロナウイルスの感染拡大により、これまでの生活様式が大きく変化しました。コロナ禍では、不要不急の外出を控えるべきという考えがある一方で、経済のために行動すべきという考えがあるなど、スタンスや考え方が未だ混在し、明確な正解がありません。そして、感染対策や新規感染者数などの情報は多く存在しますが、多くのドライバーはどう考えているのか、どう行動しているのかといった「実情」は、意外にも少ない状況です。そのため、答えや決まり事を提示するのではなく、ドライバー一人一人が自分の意思や判断で「安全・安心な移動」という選択をしていけるよう、全国約2000万人の会員を抱えるJAFとして、指針や判断材料を、世の中から抽出して提供したい。また、自動車ユーザーの安全と安心を目指すJAFは、ロードサービスだけでなく意識の面もサポートしたい。そんな思いから、本サイトの制作に至りました。

「コロナ禍におけるドライバー意識を探る調査」について

1.3人に1人が春までに「ドライブしたい」

外出する際には、引き続き感染対策が求められる今。2021年春までにドライブに行きたいか質問したところ、33.6%が「ドライブへ行きたいもしくは行く予定がある」と回答しました。「ドライブへ行きたい気持ちはあるが未定」と回答した人は55.3%で、「ドライブへ行きたい」と思っている人は約9割とかなり多いことが分かり、外出頻度は変わらないものの、外出意欲が高まっている状態にあると考えられます。

また、「ドライブへ行きたいもしくは行く予定がある」と回答した人の割合が全体では33.6%に対して、20代のみでは45.6%と、特に若年層のドライブ意向が高いことがうかがえます。

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合があります。

2.9割以上が外出先の密を気にしている

次に、ドライブで行きたい場所に関して調査しました。「行きたい場所の混雑具合を気にしますか」という質問では、全体の9割以上が「とても気にする(72.7%)」「まあ気にする(23.8%)」と回答。「気にしない」と回答した人はわずか0.3%で、ほとんどの人が外出先の密を気にしていることが明らかになりました。

「行きたい場所の自然の豊かさを重視しますか」と質問したところ、「とても重視する(32.4%)」「まあ重視する(40.9%)」を合わせて約7割が重視することが分かりました。出かける場合は、密を避けることが出来て開放感がある「自然が豊か」な場所が好まれる傾向にあるようです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、移動の手段も気になる昨今。公共交通機関と比べて車での移動はメリットがあると思うか調査しました。その結果、92%が「メリットがある」と回答。多くの人が乗り合わせる公共交通機関より、自分だけもしくは、知り合いだけが乗る車での移動の方が良いと考える人は多いようです。

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合があります。

3.外出頻度は変わらないものの、車を利用した外出意欲は高まっている

新型コロナウイルス感染拡大の状況下では、公共交通機関より車での移動の方が好まれることが分かりました。そこで、実際にコロナ禍で車の利用が増えたかどうか質問したところ、70%が「変わらない」と回答。

以上のように実際の外出については慎重な行動をしているが、2021年春までにドライブに行きたいか質問したところ、「ドライブへ行きたい」と思っている人は約9割とかなり多いことが分かり、外出頻度は変わらないものの、車を利用した外出意欲は高まっている状態にあると考えられます。

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合があります。

4.SNSの声や周りの雰囲気に敏感な人ほど、感染対策意識が高い

次に、車に乗る際に、新型コロナウイルスの感染症対策を意識するか質問したところ、「する(43.8%)」「まあする(35.7%)」を合わせて約8割の人が「意識している」と回答しました。

さらに、SNSの声や周りの意見・雰囲気は重要と考えるか調査しました。すると、SNSの声や周りの雰囲気を気にする人ほど、感染対策意識が高いことが判明しました。

車に乗る際に感染対策を「する」もしくは「まあする」と回答した人に対して、実際にどのような対策を行っているか質問しました。その結果、最も行われている対策は「ハンドル等を拭いて消毒」でした。車の中は人の手が直接触れる箇所が多いため、消毒をしっかり行っているドライバーが多いと考えられます。他には「車の中でもマスクをつける」といった基本的な感染対策の徹底や、「他人を乗せる時は感染対策意識をチェックしている」など同乗者と協力して感染対策に取り組んでいる人も見受けられました。

<感染対策意識が高いドライバーが実践していること(複数回答、N=6,851)>
1位:ハンドル等を拭いて消毒している(74.4%)
2位:車の中でもマスクをつけている(61.7%)
3位:他人を乗せる時は感染対策意識をチェックしている(56.4%)
4位:他人を乗せないようにしている(56.3%)
5位:換気をこまめに行っている(56.2%)

【調査概要】
・調査方法:WEBアンケート調査 
・調査テーマ:コロナ禍におけるドライバー意識を探る調査
・調査実施日:2020年11月13日~12月31日
・調査主体:一般社団法人 日本自動車連盟 

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)について

豊かな毎日と、安心安全なカーライフを『あなたとともに』。JAFは、ロードサービスをはじめ、楽しいイベント、スクール、そしてお得な情報まで、ユーザーの日常生活を支え、様々なシーンを見守っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「プロテインは太る」は本当?それ、飲み方が間違っているかも。

最近では高齢者の健康増進や女性の美容目的にも利用されるようになった「プロテイン」ですが、「プロテインを飲むと…

太っている汗っかきが痩せないのは何故か!?

太っている人に汗っかきが多い理由もわかります。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square