はじめに

ダンスの1つでもあるタンゴ。
みなさんはタンゴをご存知でしょうか。
知らない方はこれをきっかけにタンゴを知ってみてはいかがでしょう。
今回はそんなタンゴについて紹介したいと思います。

アルゼンチンタンゴの歴史

タンゴは1870~80年頃、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで生まれました。その当時、船乗りや労働者、貧しい移民たちが集まる場末の酒場で、フラストレーションのはけ口として男同士が荒々しく踊ったのがタンゴの始まりです。次第に相手を娼婦に代えて踊るようになり、「下品な踊り」と非難されながらも、下層階級を中心に広がっていきました。一方、音楽はダンスの伴奏曲としてヨーロッパから伝えられたワルツやポルカ、キューバのハバネラ、ウルグアイの黒人音楽カンドンベなどが奏でられ、やがて様々な国の音楽の要素が混じりあい、いつしかタンゴやミロンガと呼ばれるようになりました。

20世紀に入り、一般市民にも人気が広がり、第1次世界大戦後にはヨーロッパの社交界でももてはやされ世界的な人気となりました。そしてコンチネンタル・タンゴといわれるヨーロッパ生まれのタンゴも盛んになりました。その後、1930年前後と40年代の2度にわたる「黄金時代」を経て、80年代には、アストル・ピアソラの音楽やダンスショー「タンゴ・アルヘンティーノ」の世界的大ヒットがあり、2009年にはユネスコの世界遺産(無形文化遺産)に登録されました。

アルゼンチンタンゴ

アルゼンチンタンゴ・ダンスは大きく分けてサロンタンゴ、ステージタンゴというふたつの部類に分けられ、本場ブエノスアイレスで「タンゴを踊る、習う」という場合、そのほとんどがサロンタンゴを指しています。それは、このサロンタンゴがタンゴダンスのなかでも特に「人との出会い」「絆・つながり」を目的にした大人のエンターテインメントで、洗練され遊び心のある癒しのダンスだからなのです。

まず、サロンタンゴの踊り方をご紹介します。サロンタンゴでは、男性がリードし女性がそれをフォロー、すなわち男性の動きを女性が感じ取り動きます。このとき、男性が強引に女性を動かしたりすることはありません。「こちらに動いてください」という男性の意志を女性が感じて、女性自身が動く。この連続がダンスになっていきます。

では、どうやってその意志を感じ取るのでしょうか。

サロンタンゴでは、男女は片方の掌を組み合わせ、もう一方の腕で抱擁している形をとります。このとき女性は、ふんわりと男性の腕に包まれている状態。互いの腕や肩、上半身や額の一部、掌が触れていますが、その触れた部分に動と静のエネルギーを伝わせ、小さく、優しく、合図を送るのです。不思議なことに人間の体はほんの少し背中に力を感じると自然に脚を前に出し、体の周囲に少し空間ができればそちらに向かって動きます。サロンタンゴはこうした人間の特性を使 い、男性の優しいリードに女性の身体がシンクロして移動し、遊び心ある飾りのステップを織り交ぜながら踊る即興のダンスなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スコットランドビール「パンクIPA」

パンクIPAは、創業者ジェームズ・ワットが世界一のIPA(インディアペールエール)を目指し、採算を度外視して…

動物のあの行動には実は理由があるって知ってた? 犬の特性②

犬と人が共に生活するうえで、犬の生態・習性を知ることはとても大切なことです。 間違った飼い方やトラブルを回避…

知っていましたか?10月9日はこんな〇〇の日があります!

さぁ10月です。 令和元年の2019年も残り3ヶ月となりました。 10月22日は「即位礼正殿の儀」で祝日です…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。